白いMacはカマトトぶらない


 その日、ボクは見てしまった。
 ボクのオシャレな白いMacが、白いオシャレなボクのMacが。白を基調としたオシャレ泥棒コンピューターが、目を覆いたくなるような言葉を映し出していたのを。











naburu



 断っておくけど、ボクの差し金なんかじゃないからね。ボクがやったことといえばただひとつ、言葉の流れるスクリーンセーバーを設定しただけ。

 きっと、暑かったんだよね? 熱暴走、しちゃっただけだよね? 後ろにうっすら「礼節」って見えるけど、これって、あの慣用句のことだよね。・・・・・・そっか、足りてなくて、だからこんな、あられもない言葉を。

 それとも、それともだけど、オシャレぶるのに飽きた? 飽きちゃった? あれもこれもみーんな出来る。出来ないことなんてないんだよ。って夢を語るのがもう嫌に? 夢見る少女じゃ、いられない? そしたら今からキミのこと、『ファッキントッシュ』って呼ぶけどいいかな。それとも、『マ○ク』がいい? 個人的には後者のほうが想像力をかき立てていやらしいと思うけど、どう? どっちがいいか夕方までに決めておいてよ。

ぜんぜん酔ってないってば日記


 

看板


http://www.hanbey.com/index.html
こんな感じの看板がみっしり飾られた居酒屋へ。

 メニューがやたらと安いせいか、開店直後にも関わらず満員御礼。てんてこ舞いで飛び回るうら若き女性店員をやっとつかまえてビール。ここぞとばかりにつまみも「とりあえず」で数品オーダー。するとうら若き女性店員はメモ帳のようなものに走り書きしてすばしっこく奥に消えた。

「おつかれーい!」
 鼻の下に白いヒゲを作っている僕たちの前に「ハイよ納豆お待ちどう!」とカウンターからの手が。「頼んでないです」「頼んでないです」二人で即座に否定する。なんで? なんだ? なんだろね? とオーダーを思い出してみたところ、どうやら「枝豆」と取り違えたらしいことが判明。

 「とりあえず」のファーストオーダーで納豆単品はないでしょ普通。考えれば分かるでしょ違うって。生をぶはーってやりながらの納豆、違うでしょ? 違うよね? いや、ある意味間違ってはないよ。結局どっちも大豆だし。あ! もしかして枝豆風に指でつまんで食えってことだったの?

 『そっそっそ、あっつあつのこれをこうして塩をパッとしたらな、指でつまんで弾いて、ううーんやっぱ茹でたて最高! ってこれ枝豆ちがうよ! 』

 そういったフリを仕掛けてくる気の置けない居酒屋が欲しいなあ、などとも思うこの頃。







オッパイアイス


 公衆の面前で、しかも見ず知らずの人(店員(女性))に向かい目をそらさず堂々と胸を張って「オッパイ」などと言えるチャンスは滅多にないので、忘れずデザートで頼もう! と思っていたのですが忘れてしまいました。





裸に紙エプロン


 帰りしなにラーメンをすすってみる。「紙エプロン、使う?」と友人に聞いてみたら、しばし沈黙のあと「裸に紙エプロン」とぽつり、酔いで濁った目をして呟いたのでした。

 

 

とち狂いはどっちだ


 

合流地点


側道からバイパス道路への合流地点でウインカーを左にカチカチしているトラックがいたので「なにをとち狂ってやがる」とひとり運転席で毒づいておったらばなんとまあご覧のとおり標識もとち狂っていたわけですがいやいや待てよ待ちなさいよと国道を飛ばしながら腕組みして考えてみますってえとむしろ右ウインカーをカチカチしたワタクシほうがとち狂っているのじゃないかと青ざめ、いや道交法に絡めてウマいこと言い直せば赤ざめたわけですが要するに合流地点ってのは「超・鈍角な左折」なんでして、垂直なカタチのT字路がありますでしょ?それをどんどんどんどん寝かせていきますとホラ、写真のようになるわけでしてそうですそうなんです合流のウインカーは左で正解なのであります……たぶんきっとおそらくですけど(調べる気ゼロ)