みんな大好き、一休さん


「一休さーん! 一大事でござる~!」
 石畳を打ち鳴らす蹄の音に、早朝の境内はただならぬ緊迫に包まれた。
「これはこれは新右衛門殿、こんな早くにどうなされましたかな」
「い、い、い、いっきゅ、いっ、いっきゅ・・・・・・」
 腕を組み泰然自若として出迎える和尚は、肩で息をする新右衛門を見据えたまま奥へ向け呼びかける。
「おーい一休や、新右衛門殿が参っておるぞ」
「はーい、お呼びでしょうかー?」
 和尚の呼びかけに対し、竹ぼうきを携えた一休は門の方角からひょこりと顔を覗かせた。
「なんだ、一休、そっちにいたのか」

 新右衛門に連れられて足を踏み入れた広すぎる座敷の上座には、将軍がどってりと寝そべっていて、その傍らには桔梗屋が腕を組み座っていた。
「待ちくたびれたぞ、一休よ」
「本日はどのような御用向きでしょうか」
 入口の襖を背にし、かしこまって座る一休に将軍は言う。
「まあまあ、こちらに来くるがよい」

 将軍は背後の屏風を指差しながら困惑の表情を作って言った。
「この屏風にな、描かれている虎がな、夜な夜な屏風を抜け出しては暴れ回って、たいそう困っておるのじゃ。なんとか退治してくれんかのう、一休よ」
 将軍はそう言い終えると扇で口元を隠し目配せをした。それを受けた桔梗屋は小刻みに肩を揺らしながらいやらしい笑みを浮かべた。入口で正座をして待つ新右衛門は、事の成り行きを心配そうに見守っている。

 一休は何も言わず胡座をかき目を閉じた。そして、両手の人差し指をひと舐めし、側頭部に2回、円を描いた。どこから聞こえてくるともなしに耳に届く木魚の音色。それは一定の間隔を保ち、鳴り続けた。将軍の耳打ちに卑下た笑みで答える桔梗屋。そわそわと落ち着かない様子で一休を見つめ続ける新右衛門。いったいどれくらいの時間が経っただろう。ふいに木魚が鳴り止み、同時に仏鈴が鳴り響いた。

 カッと目を見開き勢いよく立ち上がる一休。懐にしまった数珠がじゃらりと音を立てる。笑みを消し去り、一休の振る舞いを目で追う将軍と桔梗屋。微動だにせずゴクリと息を呑むだけの新右衛門。そして一休は、ずかずかと屏風の前へ進み出て仁王立ちとなり、屏風をしげしげと見つめたのち、両手をぐっと強く握りしめ、顔だけを将軍のほうに向け、あらん限りの声を張り上げて言った。

「なんでそんな無理難題言うんですか!!!」

 それを言ったときの一休の顔面は、憤怒によってひどく歪み、あまつさえ、唇はわなわなと震えてさえいた。


 

カップラーメンはどこへゆく


 久々にカップラーメンを食べた。フタを半分まで剥がし袋を取り出す。4つ出た。かやく、粉末スープ、液体スープ、調味オイル。多すぎるよ、と思う。最近のカップラーメンはたいていこんな感じだ。知ってはいてもそう思う。お湯を注ぎ、待つ。4分だ。ということは、これはノンフライ麺か。

 待っている間に、メールのチェックをして、ヤフーのトピックスにざっと目を通し、RSSリーダーで登録ブログ更新の有無を確認をする。時間を無駄に出来ないビジネスマンさながらの手際だが、お湯を注ぐ直前にも全く同じ行為をしているのだった。この待ち時間の、上手な過ごし方が分からない。4分経過。フタを剥がして驚いた。


「もどる」ってどこに?

 デカい注意書きが。麺をほぐせ。ほぐしてからスープとオイルを入れろと書いてある。入れてからほぐしても変わらないような気がするも、ここは素直に従う。そして、液体スープと調味オイルの袋を見てまたもや驚く。


「もみ」かつ「ほぐせ」ってか

 工事現場? と勘違いするほどに注意の喚起力がキてる。注意枠の左右にギザギザの意匠が凝らしてあり、袋自体の上下にもギザギザが見て取れる。完璧なギザギザマジック。肝心の注意書きを見ると、「フタの上で温めた後よくもみほぐして」と書かれている。ほぐさせ過ぎ。我々にどれだけほぐさせる? そんで、ほぐし疲れて凝った肩は誰がほぐしてくれるの? そりゃウマいことのひとつも言いたくなるってものです。最初に断ってくれないでしょうか。「この製品は3回のほぐし行為を必要とします」とか。

 でもまあ、ほぐしました。ほぐしてから液体スープも調味オイルも入れました。でも、アレはコレの先、コレはアレの後、温めてほぐして入れてかき混ぜて。って、もの凄くめんどくさい。そんで味はそこそこって。なんなのこれ。

 そう考えるとカップラーメンの元祖、カップヌードルは偉い。お湯を注ぐだけ。そしてウマイ。とってもシンプル。今、カップラーメン界隈は間違った方向へ進んでる気がするのです。そしてこれからも、手順の煩雑さがエスカレートするのではないかと危惧しています。

 お湯を注いでから4分経過後、麺をほぐし液体スープと調味オイルを入れる作業を25秒以内に行い、その後、味の低下を防ぐため3分20秒以内に食べきってください。また、残りスープは洗濯には使用しないでください。


 最後のは言い過ぎましたけど、強ち「ない!」とは言い切れないめんどくささが、すでに今、あると思います。本格志向なんていらないんです。シンプルでウマい。そういうカップラーメンを作って欲しいんです。作ればいいんです。

こんなgoogleはイヤだ。


 みなさんも経験があると思いますが、googleで検索をすると単語の間違いを修正してくれることがあります。たとえば。

morisinichi


 そうなんです。正しくは「森進一」なんです。これはとても便利です。時折、ピントのずれた修正をしてきたりしてイラっとくることもありますが、将来的にはさらにインテリジェントな方向へ変化してゆくに違いありません。でも、やり過ぎは困ります。というわけで、


こんなgoogleはイヤだ。

■なんか連想ゲームだumi
これは、松尾スズキさん演出の舞台のセリフからパクリました。





■痛くもない腹を探ってくる
mikkai





■噂好きだ
uwasa





■鋭い
ecchi





■鋭い、そしてウザい
ecchi2





■家庭の医学の受け売り的な診断をしてくる
tounyou





■的を射た心配をしてくるがギャル口調だ
gal


 便利になるということは、つまり、生きづらくなるということです。たぶん。

もち子インストアライブ


 こんばんは、もち子です。えー、まるやレコードさんのご厚意で、すでに1回目? 2回目? になりますけど、こうやってみなさんと間近で触れあうことのできるインストアライブを、このような素晴らしい機会を、ですね、私のために設けていただいてありがとうございます。見に来ていただいたみなさまにも感謝を申し上げます。ええっと、じゃあさっそく行きますか? 準備整ってます? はい、はい、では、聞いて下さい。もち子で「ほんでもってマイラブ」

ほんでもってマイラブ
作詞:まとはず礼 作曲:未定

 ぬるめのお湯に素足を浸して
 見上げているのマインスイーパー
 お願い目を閉じないでいて
 ほら今 生イカでビンタをするから

 ブラウン管は教えてくれるの
 激しくない選挙戦はない
 壮絶炭酸 愛が痺れる
 ほらもう No Reazonでいいじゃない

(ラップ)
 讃岐うどんで小グマを調教
 恵方巻きにて競馬を実況
 県には県道 都には都道で
 府には府道だし 道には道道
 連れて逃げてよぼやぼやしないで
 いますぐすぐいまメメントモリクミ

 私のキモチもあなたのキモチも
 言葉に出さなきゃ伝わらないから
 勇気を出してよ 暴れる山車だYO!
 言いたいこととか あるなら早よsay!
 未来永劫 未来へGO!
(ラップおわり)

(セリフ)
 油あげが好きなの

 おしくらまんじゅうじゅくじゅく傷口
 アスファルトから生えて来たって
 それでもアナタ 根性ナシね
 ほらその パーマネントをほどいてよ

 手肌をいたわる なんとかグリーンと
 マフラーの奥 隠したきな粉
 そんなアナタが ほとんど好きよ
 ほらそう 今のスマイルを返品

(セリフ)
 とっちめてあげる
 

 えーと、ありがとう、みんなー、どうだったー? そうでしょう? 曲がないでしょう? そうなのそうなの、だから朗読なの。ビックリした? でも仕方ないの、曲がないんだもの。でもね、曲があっても私、音痴なの、ダメなの、歌ったら迷惑かかっちゃうの。だからね、どうしてこんなイベントしてるのか分からないの。ワタシって何? 噛ませ犬? 読ませ犬? なんなのよ、こんな歌詞、山羊にでもくれてやるわよ! ンメェェェエ! ・・・んまあ、吐いたわ! もう好き勝手にすればいいじゃない、ワタシ帰るわ! まったく馬鹿にしないで頂戴!

***

ああ、もうごめんなさい、一体なんなんだと思われたでしょうが、そう言われても、私としても困るんです。意味を見い出そうとするのはよしてください。まだまだ体の疲れが抜けていないみたいなんです。

宇宙飛行士の悩み


 
 アポロ13号の生還ストーリーをテレビで見た。
 酸素、電力、水を生成する酸素タンクの爆発により、乗員救出を優先すべく月面着陸を断念。乗員3人は独立した動力をもつ月面着陸船に乗り換えた。しかし、地球到着までに必要な酸素は積んでいない。やむなく生命維持の可能な最低限レベルまで動力を落とし、地上管制官の指令に従い、奇跡の生還を果たした。ざっくりと説明すればこんな感じである。

 逃げ場のない宇宙空間のトラブルにあって、冷静かつ的確な判断を下す宇宙飛行士の、その精神力は感服に値する。もし私だったら、宇宙空間に放り出されただけで発狂してしまうのではないか。丸一日と置かず「インターネットしたいよー」「動ナビの更新をチェックしたいよー」などと駄々をこねるのではないか。などと考えて、ふと疑問に思う。宇宙飛行士の性欲である。いや、笑いごとではない。実際、「宇宙飛行士 性欲」というキーワードを検索にかけると数万件ヒットする。そして実際の宇宙現場では、流血騒動を含む多種多様なトラブルが発生している事実を知ることが出来る。訓練された宇宙飛行士であっても性欲をコントロールするのは非常に困難なのだ。それは、シチュエーションは違えども、かの南極観測隊が「南極二号」と呼ばれるダッチワイフを装備に加えたという公知の事実からも推測できる。

***

 以下は、アポロ13号と同様のトラブルに遭遇した、スポロン13号船内の会話を書き起こしたものである。

・ポール(船長)
・フレッド(着陸船パイロット)
・ティム(司令船パイロット)

フレッド「船長、我々は、助かるのでしょうかう?」
ポール 「管制塔の指示を信じるしかないだろう」
フレッド「それは、そうですが」
ポール 「酸素が足りないんだ。無駄口を叩くな」
フレッド「うう、ジェニファ」
ポール 「ガールフレンドか」
フレッド「もう一度、抱きしめたいです」
ポール 「地球に帰ったら抱きしめるがいいさ、何度でもな」
フレッド「今じゃダメですか? 今すぐ抱きしめちゃダメですか??」
ポール 「気持ちは分かる。だけどいいか? ここは宇宙だ、落ち着け」

フレッド「実はいるんです、ここに、ホラ」
ポール 「フレッド、お前それ、なんだ!?」
フレッド「ジェニファです」
ティム 「OH! ダッチワイフじゃん」
ポール 「どこに隠してたオマエ!」
フレッド「愛してるんです」
ポール 「そういうことじゃなくて」
ティム 「すでに膨らませてあるしー」
フレッド「抱いて、いいですか?」
ポール 「情事のあいだ、どうしてりゃいいわけ? オレたち」
フレッド「目、閉じてて下さい」
ポール 「あ、そうかー、ってダメだ! 興奮すると酸素がなくなる」
フレッド「どうせ助からないんでしょう?」
ポール 「そんなことな・・・うっ」
ティム 「船長! どうしたんですか?」
ポール 「案の定、酸素が、足りなくなって、きてる・・・らしい」
ティム 「しっかりしてください! 船長!!!」

フレッド「あああ、もう、ちくしょう見てらんねえ!!!」
ティム 「どうしたんだフレッド?」
フレッド「礼を言うなら彼女に言うんだぞ」
ティム 「ああ! ジェニファの乳首にハサミが!」
ポール 「フレッド、・・・・・・お、オマエ」
フレッド「早く吸うんだ!」
ティム 「そうか! コイツには新鮮な酸素が詰まってるんだ」
フレッド「コイツじゃねえ、ジェニファと呼べ!」
ティム 「ご、ごめんなさいジェニファ」
ポール 「す、すまんな、フレッド」
フレッド「切り取った乳首部分から吸え。いいか? 変な気、起こすなよ」
ポール 「分かってる」
ティム 「お、おお、船長の顔色が良くなっていく! あ、そして・・・・・・」

フレッド「チンコ立ててんじゃねえよ、テメエ!!!」
ポール 「す、すまん、つい」
ティム 「(爆笑)」
フレッド「あーもーやってらんねえ」
ポール 「まあまあフレッド、興奮するんじゃない、パフパフ!」
ティム 「カメセンニン!(お腹を抱えて爆笑)」
フレッド「ポール! テメエが一番興奮してんじゃねえか!」
ティム 「(笑いすぎて呼吸できてない)」
フレッド「野郎、興に乗りやがって、ジェニファから離れろ!」
ポール 「もうちょっとだけいいじゃんか」
フレッド「ティム、オマエも笑ってないでなんとかしろ!」
ティム 「ティムじゃないデス、”ティム・ヨンジャ”デス」
フレッド「ぜんぜん関係ねえこと言うんじゃねえ!」
ティム 「(呼吸困難になりながら引き続き爆笑)」
フレッド「あーもーオレたち絶対地球ムリじゃん(絶望に白目をむいて)」
ポール 「パフパフ(気持ちの良さに白目をむいて)」
ティム 「(笑いすぎの酸素不足で白目をむいて)」

管制塔 「スポロン13号、応答願います、スポロン13号、応答願います」

ポール・フレッド・ティム 「(白目)」

***

 はー、なんていうか、極端に疲れてると思考回路が著しく低年齢化して困ります。