七三日記(0903)


 
■なんだか分からない講習会を受講するために東京へ。いろんな人とほぼ毎日飲んだ。むしろこちらがメインで臨んだ5日間。すごく楽しかった。ギリギリ夏の思い出に滑り込ませることができたような気がする。ただし、多少の問題点はあった。
■ある友人とメールで事前連絡を取った際、「美味しいお店知ってる?」と聞かれた。しかし、東京を離れた私には和民と白木屋の記憶しか残っていないのだった。googleで「美味しいお店」と入力したら200万件ヒットした。うーん。お店決定の主導権はぜひあちら側に握らせたい。どうしたものかと案を練っているうちに、試しにむずがゆいセリフでも言ってみるかと思い立って、「美味しい店? ○○ちゃんと一緒なら、なんだって美味しいよ」と返信してみた。送った後で、取り返しの付かないことをしてしまったような気がして恐ろしくなった。ほぼ丸一日後に返事が届いた。
■「んじゃ、なにが食べたい?」
■なるほど、無視か。向こうサイドがかさぶたにしたがっている傷を剥がしてなんになる。無難な返信をしようとしたが待てよ、これは試されている。「食べたいのは君だよ」というボケのためのネタ振りかもしれない。むむう、としばらく悩んだが加齢臭の漂いそうな高リスクの返信を思うと親指の震えが止まらなかったので、「じゃ、和風で」と返信しておいた。
■新宿のなんとかという店で、うまいのかどうか分からないクーポンのサービスワインを傾けながら、やわらかすぎる豆腐をつまんだりした。飲んでる途中でふと思い出し、「○○ちゃんと一緒なら、なんだって美味しいよって送ったのに・・・なっんのリアクションもねえのな!」と文句を言ったら、なぜか呼吸困難になるくらい笑い転げていた。


■別の友人とは当日に連絡を取った。「うまい店をよろしく」「場所はどこがいいの?」「いい店ならどこでも」というやりとり最後に、しばらく返信が途絶えた。いい店を探してくれているのだろう。私とは言えば、いい機会なので小難しい本を読むために喫茶店にこもっていた。にしても返信が遅すぎる。途絶えてから2時間。本にもとっくに飽きていた。催促のメールを送っても応答がない。・・・まさかコイツ!
■いそいで電話をかけようとしたら返信が届いた。「ごめん!渋谷で!」。十中八九寝ていたに違いない。本気で腹が立ったのでもう帰ってしまおうとさえ思ったのだが、顔をひくひくさせて待っていると「きゃー、ごめん!」などとのたまいながら近づいてきた。「まさか、寝てたんじゃねえだろうな!!??」と肘を小突くと、「なんかーお化粧してたら記憶を失っちゃったの」と言った。「それを寝るって言うんだよ!」


■雑。扱われ方がなんか雑な気がする。今回の2件でそう感じて、哀しい気分になった。哀しい川を翔けたくなった。