ずるいカニ


 タレントの人たちが楽しそうに越前ガニをすすっているのをテレビで見た。越前ガニ。そう呟いて、ふと、じゃあ越後ガニってのもいるのか? と疑問に思い、どんなカニなのかと想像してみたものの、どうも美味しそうな感じがしない。いや、美味しいとか以前にずるがしこい。常に悪だくみを企てている感じがする。

 水揚げから逃れるために、「ブリの奴らがたむろしてる海域でワタシら、ハサミ出してますから」などと言葉巧みに取り入って、漁協組合長から便宜を図ってもらったりするのだ。なんとも狡猾なカニである。そしてそれを指摘すると「だってワタシら、狡猾類ですもん」などと何食わぬ顔で憎たらしいことを言ってくる。

 またある時は、その鋭いハサミで女子高生のスカートに縦の切れ目を無数に入れ、そしてその挙げ句「大将、開いてる?」などとやったりする。居酒屋ごっこである。まさに外道。外道ガニ。そしてそれを指摘すると「だってワタシら、げ、げ・・・・・・」と言ったきり黙りこくってしまった。どうやらウマい返しが思いつかなかったらしい。

 少しとっちめた気分になり、幾分か溜飲は下がったものの、彼らのせいで私のカニ好感度は著しく低下した。「さるかに合戦」で幾度となく捧げた幼少期の同情心をどうしてくれる。私はこれから一生、平常心でカニを食べることは出来ない。たぶん、青筋を立てながら、ひたすら無言でむさぼり食うことになると思う。

ずるいカニ” への2件のコメント

  1. なんか最近、とても好きです。(日本語が不自由につき表現がおかしいですけれども、好きな感じのエントリーが続いているという意味ですので、ゲイのカミングアウトではありません。おねーちゃん大好きです。まとはずれさんより好きです。たぶん)

  2. >ねえ、むーめん
    よかったー!エントリーの流れとしては読者離れの傾向にあると思ってましたけど、むめーんさんだけになっても書きます。あと、ボクもカミングアウトします。大好きです! 二つの胸のふくらみが。

コメントは受け付けていません。