脳内十番勝負(2007年2月)


脳内十番勝負についてはこちら




[勝負No.1] 2007.02.24 19:35


名前だけ聞くとありそうなもの


大根おろし風呂



[勝負No.2] 2007.02.24 19:45


歯医者で吸い取った唾液はどこへ行くのだろうか。


人間はどこから来てどこへ行くのか。と同じ口調で先輩が言った。


トイレにでも流すのだろうか。唾液で満たされたバケツを運ぶのだ。


えっちらおっちらとガニ股で運ぶ。手元がすべってバケツが倒れる。


唾液で満たされたバケツが。唾液は床一面に音もなく流れる。


バケツ一杯の唾液が流れていくのを術もなく眺めている歯科助手。


そんな想像をしてしまって私は唾液を飲む。ごくりと音がした。



[勝負No.3] 2007.02.24 20:37


名前だけ聞くとありそうなもの


あんかけ風呂



[勝負No.4] 2007.02.24 21:39

「かわいいのお」

座敷犬を抱いた僕の隣で

サラミくさい息で叔父がささやく

「これ買ったらなんぼすんの?」



[勝負No.5] 2007.02.24 21:43


エビフライ with タルタルソースはおかず度が低い



[勝負No.6] 2007.02.24 21:52


「君の心をくすねたい」

言えないよ そんな台詞言えないよ



[勝負No.7] 2007.02.24 22:18


ホワイトカラーエグゼンプションって何なのかよく分からないけど、


直感的に分かりづらい名前をつけて煙に巻こうとしてるだけなんでしょ?


と、無職の君が言う。全くもってその通りだよ



[勝負No.8] 2007.02.24 22:28

ポンポンポン ポンポンポン

恋の魔法はくるくるポン



[勝負No.9] 2007.02.24 22:45


ぶっきらぼうなジェラシー
 


嫉妬の美容師が髪を切る


シャッシャッとはさみをすべらせる


たぎるそねみを振り切るように 


シャカシャカと無機質な音を響かせて


美容師は一心不乱に 僕はCUTを読みながら 


美容室でしか読むことのないCUTを読みながら


シュッ シュッ シュッと小気味よく


嫉妬のはさみが 僕の髪を細かく刻む


シャッシャカ シャッシャカ シュッ シュッ シュッ


CUTを読むフリの僕は 身を固くしながら


黙りこくったままの 決して若くはない美容師の


その美容師の情勢を 五感を駆使して見守っている


シャッシャカ シャッシャカ シュッ シュッ シュッ


シャッシャカ シャッシャカ シュッ シュッ ポン



[勝負No.10] 2007.02.24 22:45

名前だけ聞くとありそうなもの

こだわりシェフの気まぐれ風呂