新幹線は欲望を乗せて


 
 東京に向かう新幹線の車中、何かが臭う。座席を倒して寝ていると、時折つんつん鼻先を刺激してくるのだ。強烈に、という訳ではない。例えてみるならば、耳元でぷーんと蚊の声がするのでガバッと起きて電気を点けても蚊はいない。寝入りばなに再び蚊の声、飛び起きて電気を点ける。やっぱりどこにも蚊はいない。臭いの周期は、夏の夜に繰り返される不毛な寝起きに似ていた。


 ふと見ると、隣のサラリーマンが胡座をかいている。革靴から解き放たれ、露わになった黒いシースルー靴下の湿り気は、乾いた車内の空気にみるみる溶けて、私の鼻先にも届いたのだ。「我が家じゃないんだから」と、靴を脱ぐ行為に対して非難の横目をくれたが、よく見れば私もスニーカーを脱いでいた。……まさか。
 トイレに行って靴を脱ぎ、立ったままの姿勢で我が足を鼻先に寄せて検査する。バレリーナにでもなったみたいだった。大丈夫、臭ってない。発臭源はやっぱり奴だ。ついでに用を足してから席へ戻ると、サラリーマンは弁当をガツガツしていた。窓際にはペットボトルのお茶。スポニチを細くたたんで野球欄に食い入っている。彼の「我が家感覚」が、短時間で鋭く研ぎ澄まされていることに私は驚いた。
 私は、新幹線の中で弁当を食べるのが苦手だ。隣に知人がいるなら安心して食べられるが、一人では不安なのだ。混雑した新幹線の車内、ぐるりと席を見渡せば他人ばかり。つまりアウェイである。そんな中で弁当を食うのが、ひどく心細くてたまらないのだ。


 食欲、性欲、睡眠欲。
 本来、欲を満たしている状態というのは、とても無防備であり、恥じらいを覚えるものである。だから人間は、道端ではウンコもセックスもしないし、寝たりもしない。それが人間特有の美徳である「慎み」というものだ。と松尾スズキがエッセイで書いていたのを読んで大きく頷いた。アウェイの心細さに震えながら、弁当の匂いで近隣乗客の空腹に火をともさぬよう、隠れるように弁当をかき込み、口いっぱいに頬張っているときに通行人と目が合い、その恥ずかしさに目を伏せる私は、決して特別な存在ではなかったのだ。


 私は危惧している。
 先月、新幹線が全面禁煙化となった。非喫煙者にはあまり関係のない話。と思うのは間違いである。増大する喫煙者の不満をいかにして抑えるか、という問題が大きく立ちはだかっているのだ。つまり、禁煙化のトレードオフとして、吸えないイライラをなだめすかす為に、喫煙者の食欲を満足させなくてはならなくなった。え?それはJRが解決する問題であって、それこそ非喫煙者には関係のない話じゃないか。と思うかもしれないが、それも間違いである。 例えば、こんな具合に。


 新幹線に乗って寝ているあなたの鼻先に、香ばしい匂いが届いて目が覚める。見ると、左隣の客がぺヤングをすすっている。ぷいと鼻先を逃がせば、右隣の客は鍋焼きうどんをはふはふしている。前の席からジュワー!と聞こえ、背もたれの上から覗いてみれば、鉄板の上でステーキが肉汁をほとばしらせている。


 無法地帯である。
 食べ物の匂いと体臭がスクランブル交差し、臭いの無法地帯となる新幹線。メニューの幅を広げすぎてダメになった喫茶店のような、そんな車内で旅を満喫できるのだろうか。飲食車両を設けるべきではないのか? せめて火傷のリスクが高い鍋焼きうどんは撤廃できないか? などといった本末転倒な事態に陥ってしまうのではないかと、私は危惧しているのだ。


 食のサービス向上に伴う「我が家感覚」の拡大防止と、横行するグルメ番組で失われた、食欲に対する「慎み」をどうやって取り戻すかが、これからの新幹線車内を大きく左右すると言っても過言ではないのだ。


 いや、過言かもしれないのだ。



 

新幹線は欲望を乗せて” への4件のコメント

  1. どぉも~
    お弁当やカップめんは食べてる人は気付きませんが猛烈に臭いますね。
    (ちなみに今これを打ちながら「臭う」と「匂う」の使い分けを知った駄目な塾の先生:爆)

    ましてや嫌がらせのように薄い生地のサラリーマンソックス(笑)。
    私自身は自分の足の臭いに自信が無いので、葬儀でも薄手の靴下は履かない40歳でした。

  2. 要するに、人様に自分の粘膜部分を見せ付ける行為は恥ずかしい、ということをほとんどの人が認識していないのは、昨今のファミレス・ファーストフード事情からも判りますが、逆に考えれば、街中で性行為をしているようなものだと考えれば目の保養にもなります(ならない)
    ちなみに私だって外食はしますが、なるべく人に食べているところを観られないよう出来る限り背を向けて口元が見えないようにしています。
    今思いつきましたが、教室で弁当の蓋を立てながら食べるクラスメイトって、相当慎みがあったんですね。

    体臭もいやですが、それを隠そうと香水を振りまいている方々には辟易してしまいます。

  3. >ほりまささん
    匂うと臭う。
    ああー、雰囲気で使い分けてました。間違ってる箇所があると
    思いますがどうかご勘弁を、ほりまささん(笑)
    シースルー靴下は臭いはともかく、なんかいやらしくて履けませんねえ。

  4. >テロメアさん
    有名な吉野家のテキストにも、カウンター越しに喧嘩が始まっても
    おかしくない。殺伐としてるべきだ。なんてことが書かれてたのを
    思い出しました。ある意味、殺伐は正常なんですね。
    海外では、香水と体臭込みで匂いアピールするみたいです。うっ。

コメントは受け付けていません。