プリクラ


 
 道端にプリクラが落ちているのが見えた。
 16分割された文庫本サイズのその紙に近づき、下世話な興味丸出しで拾ってみたらハゲの写真だった。
 
 うひぃ! 思わず声がでてしまった。
 それは、てっぺんハゲの増毛課程を16分割した雑誌の切り抜きだったのだ。触れた指先からハゲのエキスが染みこんでくるような気がして、近くのパチンコ屋に駆け込み、トイレで手を洗った。何度も何度も。何度も洗った。


 あれは、いったい、なんだったんだろう。
 なんで、こんなミラクル、起きるんだろう。
 だけど、なにも分からない。


 こんなことが、よくあることなのかどうか分からないけど、この記事を読んでくれた人にだけ伝えたい。同じ轍を踏んで欲しくないから、伝えたい。道端のプリクラには注意してほしいと。


平成19年6月22日(金) まとはずれ記す
 

プリクラ” への2件のコメント

  1. どぉも~
    落ちているものには、人を引き寄せる何かがありますからね。
    財布の10円よりも落ちてる10円。
    書店のHな本より落ちてる・・・・自粛。

    積極的に見たいわけではないが気になって仕方ない。

    それは、まさに2ちゃんねるなどに時々いたずらで貼られている、グロ画像のように、分かっちゃいるけど・・・・・見てみたい・・・・・

    気をつけます(滝汗)。

  2. >ほりまささん
     無理です。気をつけても無理なんです。
     ほりまささんが言うように、パチスロのコインを500円玉と間違えたり、橋の下のエロ本をむさぼり読んだり、そうやって大人になっていくんです。だけどそれは、大人になっても治らないんです。決して、治ったりはしないんです(脇汗)

コメントは受け付けていません。