新幹線は欲望を乗せて2


 
 以前の記事はこちら→新幹線は欲望を乗せて 

 それは、ささいな出来事だった。
 私は、友人の結婚式へ出席するために新幹線へと乗り込んだ。出発してすぐ、キヨスクで購入した缶コーヒーとアミノサプリを窓際に並べ、昼食のサンドイッチをそそくさとほおばった。以前にも書いたように、一人で弁当を広げることが恥ずかしい私にとって、サンドイッチはクイック食いの可能なマストアイテムなのだ。


 食パンと食パンにはさまれたゆで卵が、口内の水分を街のごろつきみたいな手つきで否応なしに奪ってゆく。私は缶コーヒーを手に取り、プルタブを引き起こす。パシュ!という快音とともに、香ばしい匂いが鼻腔をくすぐる。その香りを堪能すべく、しばし目を閉じ、息を大きく吸い込んでいた私の脳裏に、なんの脈絡もなく窓際の映像がフラッシュバックしてきた。ん?


 はっ!! と目を開け窓際に目をやる。ないのだった。本来ならば、アミノサプリがあってしかるべき場所に、である。ないないない! 壁のパントマイムでもするように、あったはずの空間で手を上下左右させ、存在しないことを確かめたのだが、目で見て何もないのだから、そんなことをする意味はまったくなかった。しかし、そうせずにはいられなかったのは、なくなる理由が何ひとつとしてなかったからである。


 え? え? ちょっとまってよ。挙動不審を隠せないまま、座席の下、座席と窓のすきまを確認するが見つからない。というか、すきまなんて数センチもないから、落ちようがないし、よしんば倒れたとしても腕にぶつかるはずで、それよりなにより新幹線はペットボトルが倒れるほどに揺れたりしない。


 乗り込んだときの記憶では、後ろの座席は老人夫婦。窓際に座っているのはおばあちゃんで、70歳はとうに過ぎているように見えた。まさかとは思うが、つまり、そういうことだ。・・・はっきり言ってしまおう。おばあちゃんがアミノサプリを盗んだのである。・・・と思ったけど、前言撤回。ゴメン! おばあちゃん。一瞬でも疑ってごめんね。でもさ、なくなるはずないんだ。分かってくれるよね? ね? ね?


 にしても解せない。
 東京行き新幹線やまびこ号車内で忽然と消え失せたアミノサプリ。しみったれた西村京太郎のような貧乏くさいミステリーを、どうやって解決したらいいのか。そもそも解決、しなきゃなんない? コーヒーでサンドイッチを飲み下しながら、トンネルに入った新幹線の黒く塗りつぶされた窓を見ると、アミノサプリを紛失して途方に暮れる男の顔が映し出されていた。やめてくれ、カメラを回すな、テープを止めろ。


 はっ!! これだ。私は瞬時に、ズルズルとだらしない浅い座り方で目線を落とし、後部座席のおばあちゃんを黒い窓越しに監視した。こんな真似して、悪いね。何にもなければそれでいいんだ。見ると、おばあちゃんは、ひっきりなしにレジ袋をしゃわしゃわさせていた。随分前から気になっていた耳障りな音源はアナタだったのですね。しゃわしゃわしゃわしゃわ。しゃわしゃわしゃわしゃわ。監視していた時間は、おそらく1分にも満たなかったはずだったが、しゃわしゃわに耐えつつ監視する私にとっては、その10倍も長く感じられたのであった。


 はあ、やっぱり盗むわけないよな。と、視線を正面に戻した瞬間、しゃわしゃわがぴたりと止んだ。監視継続。そして、私は見たのである。おばあちゃんの膝に載せられた、その、赤茶いカバンの前面にあるサプポケットから、赤いラベルのアミノサプリが取り出され、不器用な手つきで、中央のメインポケットへ移し替えを行っている、その作業の一部始終を。


 ひゃああああ。
 大袈裟でなく、声が出そうだった。それは紛れもなく、私のアミノサプリだった。いや、本当におばあちゃんが買った可能性はもちろんある。しかしその、封の切られてなさ加減と、年寄りはそんな「ハイカラなドリンク」ではなく「緑茶」を好んで飲むということと、一連の状況証拠からみて、窓際から黙って拝借したものに違いなかった。


 しかし私はどうすることも出来なかった。たかがアミノサプリごときで、盗ったの盗らないのと一悶着起こして、友人の幸せを祝う私の気持ちにケチがつくのが嫌だったし、「おいババア、俺のアミノサプリ盗っただろ?」などと責め立てれば、周囲の乗客から老人虐待の目で見られ、形勢不利を得ることは自明だったからである。


 最終的に、私に残ったものは、「なんで? なんで?」という無数の疑問符だけだった。考えられるのは、老人性痴呆症、いわゆるボケ。もしくは、主婦に多いと言われる窃盗癖。どちらにしても、アミノサプリが欲しくなったのだろう。そして、手を伸ばした。事件の動機はいつだってシンプルだ。と、分かったような事を言ってみたのだが、私は今回、新幹線の車内で新たな欲望を発見することができた。このことから言えるのは、新幹線というものは、底なしの欲求を満載した欲望超特急だということである。


そしてもうひとつ、この私が、老人にアミノサプリを盗まれたぼんくらであるということである。


新幹線は欲望を乗せて2” への4件のコメント

  1. はじめまして。いつも楽しく見させてもらってました実は。

    とんだ災難でしたね。
    新幹線で後部座席を確認するのって凄く勇気いりませんか?
    後ろに座ってる人と目が合っちゃいそうで。
    「あっ後ろなんか見てないよ気になる景色が通り過ぎてったんだよ」って自分に言い訳するのに精一杯になりそうです。
    おばあちゃんはそんな心理を巧みに突いた玄人だったのかも。

    これからもちょくちょく見させてもらいますね。

  2. >いないさん
     どうもー、カミングアウトしてくれてありがとうございます!
     うれしくてガッツポーズしました。
     目が合うか合わないか。結構ギリギリなとこまでやらないと、
     確認できないんですよ、やってみて分かったんですが。
     どうぞこれからもよろしくです。
     

  3. どうも~
    そのおばあちゃん、まあ、やっちゃったんでしょうね~。
    しかし、ここはぐっとこらえて正解ですね。
    おばあちゃんの中には、善良な、疑うことを知らない、国をあげて保護すべき方と「もう一回小学校からやり直せ!、んな事やってるから子供は、めったに帰省しないし、孫にも好かれね~んだよ!」っていう2パターンあり、今回の場合後者の確率が激高でしょう。
    その場合、「とったという証拠でもあんの?」「年寄りだと思って馬鹿にすんじゃないよ」と強気に出て、いざ犯行がばれると「年寄りいじめてそんなに面白いのかい」と逆切れされる確率がこれまた高いようです。

    追伸)前回のコメントフォロー(笑)。
    私自身は変な宗教ではありません(爆)。ごく普通の神道(仏壇ではなく神棚のやつ)ですので念のため。

  4. >ほりまささん
     ホントにねえ、喉、カラっカラでしたよ。盗まれたおかげで。
     でも、おかげで着いてからおいしいビールが飲めました。
     弱さを強さとして使う年寄りは、ある意味、最強ですよね(笑)

コメントは受け付けていません。