業務連絡005 やさしさ


 
Subject:[業務連絡] やさしさ
To:安達専務
Fm:まとはずれ

安達専務、お仕事お疲れさまでございます。
短期アルバイトのまとはずれです。

掲題の件につきまして、ご連絡申し上げます。

***

空が茜色に染まりつつある夕刻、
TSUTAYAへ本を買いにゆくために、
駐車場へと向かうと、
タイヤの泥よけに、
カエルが貼りついていました。

frog

それは、
ちいさなちいさなカエルでした。

とっても可愛かったので、
わたしは両手でほおづえをつき、
しばらく眺めていたんです。

そうしているうちに、
大粒のにわか雨が、
空から降ってきました。

いけない。
もう行くからね。

わたしは、
たくさんの車が走るアスファルトの上に、
振り落とされて迷子にならないよう、
ちいさなカエルを泥よけからそっと外し、
白くて黄色い花の、その葉っぱの上に、
ちょこんと乗せてあげました。

ちいさなカエルは、
車のエンジンをかけてから、
駐車場を出てゆくまで、
ちいさな葉っぱの上から、
置いていくの?
と言いたげに、
いつまでもこっちを見ていたのでした。

***

ここ最近の記事で、
みなさんの「引き」具合が、
手に取るように感じられます。

ですから、
品性を疑われても仕方ないのですが、
ほんとうは、
やさしい視点も持っているんですよ、
ロマンチストなんですよ。

と言いたくて記事にしました。
やさしさ紙芝居を見せたかったんです。

専務なら、分かってくれますよね?

以上。

まとはずれ

+++

Subject:Re:[業務連絡] やさしさ
To:まとはずれ
Fm:安達

こんな、
間に合わせのやさしさじゃ、
なんも分かんないよ。

安達

業務連絡005 やさしさ” への4件のコメント

  1. 日々の苦労がひしひしと伝わってくるな。

    頑張れよ。

    まだまだお前は若い。

    これからだ。



    じゃあの

  2. 作中でみている僕らに訴えかけるのはやめてください(笑)

    ボクは、これが連作だなとわかった時点でその着地点がどこに行くのか楽しみに静観しているクチです^^

  3. >日々の苦労がひしひしと伝わってくるな。

    >頑張れよ。

    >まだまだお前は若い。

    >これからだ。

    >じゃあの

    はい、頑張ります。
    苦労の中にしか、幸せはないのですから。
    若くはないけど、精進します。

    ていうか、竹原慎二かよ。

  4. >テロメアさん
    いやいやいやいや、
    安達専務にしか訴えてないんですけどね(笑)
    まーなんというか、これからどうしようかな・・・。

コメントは受け付けていません。