びしょ濡れバトン


いつもお世話になっているhonyamiさんからバトンをいただきました。って、ちょっと!なんかハードル上がってますけどどういうことなんですか。でも、うれしいので受け取りました。このブログを見れば分かるとおり、気分だけは「はてな」ライクの「みそっかす」的ブログですが、おてやわらかにどうぞ。



【涙がちょちょ切れるぜバトン】

最近流したのはいつ? またその理由は?

たしか、馬の出産だったと思います。テレビで見ました。
「30才を過ぎると涙もろくなる」なんてことを言いますが、あながち嘘でもないようです。ちなみに一人暮らしをしていた頃、豚生姜焼きで白飯をモリモリかきこんだり、納豆ごはんで口元をネバネバさせながら「感動のご対面」的な番組を見て涙を流したりしていましたが、いま思えば人間としてすごく「ガサツ」だなって思います。

 涙 × 食い気

ダメ! コラボレーション的な書き方に騙されないで! カッコよくなんかないからね。その涙、あんたが思ってるより安いよ、安い涙だよ! 



今まででいちばん泣いたのはいつ?

痔になったときです。ちなみに種別はイボでした。
夜中に姿見で肛門の状態を確認したときは、一旦、見なかったことにしました。それくらいショッキングなことになっていたんです。それよりもなによりも「そういう状態」ですから、トイレで踏ん張ることが物凄く恐ろしいんです。死んだ方がマシ。とさえ思ったほどです。大袈裟ではなくあの恐怖は例えようがありません。ちなみにそのときは手術をしたのですが、偶然にも手術をした病院に、当時住んでいたアパートの大家が看護婦として勤務していて、あろうことか手術に立ち会ったのです。不倫以外のシチュエーションで大家が店子の性器や肛門を見るなんてことがあってもいいのでしょうか? 肛門と心が痛くて、かなり泣きました。



優しさに泣いちゃうタイプですか?自分の情けなさに泣いちゃうタイプですか?感動して泣いちゃうタイプですか?怒りすぎて泣いちゃうタイプですか?

笑いすぎて泣きたいタイプです。
膝くだけで笑ったりとか腰抜けになるくらい笑ったりとか呼吸困難になるくらい笑い続けたりとか、そういう状態にはここ何年も遭遇してないです。笑いの沸点が高くなったのか、はたまた感受性が鈍ってしまったのか。たぶん後者。なんかさみしい。



誰かを泣かせたことありますか?

たくさん泣かせてきました。この場を借りて謝らせてください。田中麗奈似のファミマの店員も、深キョン似の本屋のあの子も、深津絵里似の美容院の助手のあの子も、みんなみんなボクへの恋心を素直に打ち明けられず夜な夜な枕を涙で濡らしてたんだ。ボクが、このボクが、濡らさせてしまったんだと思う。君たちさえ素直だったなら両思いだったのに・・・。そんな彼女たちの心中を思うといまでもすごく泣けてきます。



逆に泣かされたこととかありますか?

小学校の校庭で少年野球の子供たちが練習をしてたんです。土曜日だったかな、すごく天気のいい日で。で、小学校3年とか4年とか、それくらいの子供たちが監督の指示を受けながら、真剣な顔つきで正面だけを向いて練習してて。で、そういうピリッとした空気が漂うなかをですね、真っ白い猫が何食わぬ顔で悠々とマウンドを横切ってるんです。だけど誰一人として猫には目もくれない。

なんでデジカメ持ってなかったんだろうっていまでも思うことがあるんですけど、緊張と弛緩の鮮やかな対比・・・っていうんでしょうか。まあなんにしろ、その光景が平和すぎるというか、あまりにも素晴らしい情景だったので涙が出そうになりました。



涙は何の味?

思いつかないので、ここはひとつ短歌でいってみましょう。
五七五七七にあわせて読んでください。

 あふれ出す小悪魔色の瞳から直にすすればひねくれた味

だからなんだっていうことはありません。



涙に対する貴方の見解を教えてください。

どう答えればいいでしょうか。質問の意図がわかりません。ていうか「涙」ってなんか純粋っていうか無垢っていうかピュアっていうか、そんなイメージがありますけど、結局のところ体液ですからね。上半身下半身問わずあんな所やこんな所、もう、なんか意外な所からもサラサラズルズルダラダラヌルヌルとサプライズな液をほとばしらせたり滲み出したりしてるじゃないですか。そういうのもひっくるめて体液ですからね。ふーん。って、なにをそんな「自分には関係ない」みたいな顔してるの? みーんなそうなの。分かった?


さあ、次のバトンを誰に・・・と悩んだのですが誰も渡す人がいないので、このバトンはコテカとして再利用します。ありがとうございました。