拝啓、責任者様


 とあるセルフうどん屋で、ぶっかけと天ぷら2品を盆に乗せカウンター席についた。半熟たまごと小エビの天ぷらに味をつけるべく醤油を傾けると、蓋と本体のつなぎ目部分から中身が漏れ出て、盆の上にだらしない足跡を残した。

 なんだよこれ。私は隣の席の醤油をさらい、再び傾ける。ところが今度は出ない。一滴たりとも出てこない。何度も強く振り続けるとようやく、吐きたくても吐けない酔いどれ女子の吐瀉物のように、気持ちばかりの小さな滴がぽたりと降ってくるだけ。見てみると案の定、後頭部の穴が塞がっている。私は一旦、割り箸を盆に置き、爪楊枝を後頭部の穴にプスっと差し、息をさせてやった。

 この時点で私の食うぞゲージは35以下に低下。「すいませーん!」。店員を呼び、この体たらくを知らせるべきかとも考えたが、やめた。醤油に振り回されたみじめな気持ちでは、どんな柔らかなもの言いを心がけてもトゲが出る。ましてや狭い店内、女性セブンが好きそうな中年女性の耳目を集めることとなり、彼女らに「みみっちいクレーマー」のレッテルを貼られることは目に見えている。かといって、各席に備えられているご意見どうぞの紙切れに訴えを書写するのも回りくどくて男らしくない。

 東京に住んでいた頃、とある定食屋で冷しゃぶ定食を注文した。リーズナブルな価格帯から考えても作り置きであることは十分に承知していた。してはいたのだが出てきたそれは、明らかに干からびていた。ショーケースのサンプルかと見まごうばかりにカチカチのカサカサ。どう考えても客に出していいレベルとは思えなかった。私は憤怒した。「ビーフジャーキーかよ!!!」。言えなかった。10対0で勝てた物件なのに。今考えてみるとあれはきちんと言うべきだった思うのだが、当時の私は東京に怯えながらの暮らしを始めたばかりで、調理場のカーテンの奥に憎悪の視線を送りつつ、心の中指を立ててファックファック言いながら食べた。熱いものをハフハフ言いながら食べるみたいに、ファックファック言いながら食べた。

 きちんと苦情を言う。それがサービス向上につながることは分かっている。分かっていても言えないのは、それがとてもエネルギーを消費する行為だから。だったらそのエネルギー、他のことに使おうよ。・・・というのは表向きの理由で、ただ単に勇気がないしめんどくさいだけ。だから、行き場のない怒りをこの場でこうして繰り出すことしか私には出来ない。そして、このひどく遠回りな攻撃が光回線や電波を通じ、前述のうどん屋や定食屋のスタッフの画面にいつかは届きますように。そんな願いを込めて書いている。ファックファック言いながら書いている。

ポイントカードなんていらない


 いまさら声高に訴えるようなことじゃないけども、なにかにつけポイントポイントってうるさい。うるさくてかなわない。今日だってセルフのスタンドでガソリン注入してたらポケットティッシュ片手に「ポイントカードはお持ちですか?」なんてニヤニヤしながらにじり寄ってくるし、ファミマ行ったら絶対に「Tポイントカードはお持ちですか?」って聞かれるし、そのたび「いいえ」って答えなきゃなんないし、ライトオン行ったら行ったで「ポイントカードはお持ちですか?」って聞かれて「あの、いや」って口ごもったら「それではお作りしますね!」なんつってさっさかポンポン5ポイント押されちゃったりして。もう、やめて! こんなのあれじゃん、ポイントゾンビじゃん。押しのけても押しのけても、湧いて出てくる、ポイントゾンビじゃん!

 でもね、スタンドもファミマもライトオンも「ポイントいらない!」って言えるけど、アマゾンとか楽天とかのあいつらは問答無用だから質が悪い。勝手にポイント付与すんな! って野太い声で言いたい。重低音で言いたい。あ、ポイントごときでなにをそんなに鼻息荒くしてるのかって、みんな思ってるみたいだから言うけど、ポイントの何がダメかって、みみっちいこと。いつ満期になるや先の見えないカードで財布が立方体になってたり、ログインするたびにポイント数をチェックして何に使おうかなんて考えてる自分がやだ。やだよ。

 『人はポイントを付与された瞬間に、その価値が7ポイント低下する』

 これ、いま考えた名言なんですが、たとえば、哀川翔がアマゾンで買い物をしてもポイントは付与されるわけです。だって、それがアマゾンだから。アマゾンのやり口だから。きちんと考えてみてくれますか。あの、哀川翔が、Vシネの帝王である哀川翔が、お買い物ポイントを保持しているという状況を。さらに、夜な夜なポイント数をチェックしている光景を。1ポイント=1円の仕組みを理解している事を。ポイントを使おうか貯めようか逡巡している事実を。ねえそれって、みんなが知ってる哀川翔? 違うでしょ? シチュエーションが安いでしょ? そうであって欲しくないでしょ? 「俺、不良品」に書かれてることが嘘になるでしょ?

 このままじゃ日本はダメになる。こんなポイント大国ぶりじゃ徹底的にダメになるよ。ダメになるあるよ。一億総みみっちいになっちゃう。だからオレはポイントカード捨てる。7枚あるポイントカードの一切合切を。そのかわり、気になるあの娘の好感度ポイント獲得に専念する。重い荷物持ってあげたり、ハンカチ拾ってあげたり、顔色伺ってなにかとご機嫌取ったりする。50ポイント貯まったら触らせてくれるんじゃないかな、おっぱい。


 

ヘンタイは変態ではありません。


 あのー水を差すようで申し訳ないんですが、みんなヘンタイヘンタイって気軽に言うじゃないですか? 「やだーヘンタイ!」とか、そんな感じで。だけど、それって本当の変態じゃないんです。たぶん、たぶんなんですけど、本物の変態を目の前にしたら言葉なんか出てこないと思うんです。本当にひとつの言葉も出てこないと思うんです。『本物には言葉なんていらない』っていやいやそういうカッコイイ感じじゃなくて絶句っていうか、うわー、なにそれどういうこと? って感じで、ドン引き&理解不能に陥って二の句が継げなくなるのが本物の変態なんじゃないかと私は思うんです。

 逆に言えば、みなさんの言う変態はあれです。共感なんです。共感。たとえばスカートをめくられて「ヘンターイ」って言うじゃないですか。あれにはですね、「男」=「パンツを見て興奮したい生き物」に対する共感が含まれているんです。その共感を踏まえた上での「ヘンターイ」なんです。つまり共感しているということはですよ、「私もヘンタイでーす」とカミングアウトを、実はしてるんです。知らず知らずのうちに。そしてこれは、めくる側めくられる側のヘンタイポテンシャルが双方、等価であることも意味しているんです。だからうーんそうだなあ、めくる側はこの事実を逆手にとって「ヘンタイって言ったほうがヘンタイなんだぜ!」と言い返すことだって出来る。出来るんです。もひとつ言えば、この二人がドーン!って、曲がり角かなんかで出会い頭にぶつかって中身が入れ替わったとしても、「ヘンタイ」という観点からみたらまったくの同一人物。そういうことになるんです。え? なに? よく分かんないとかじゃなくて、そういうこと、そういうこ・と・な・の!

 まあそんなわけで、みなさんが普段使いの「ヘンタイ」は「変態」ではないんです。発音は同じでもカタカナ表記のカジュアルヘンタイなんです。残念ですが。ついでに言うと、酒が入ると全裸になるとか、足の爪の臭いを何度も嗅いでしまうとか、靴下履かせたままじゃないと興奮しないとか、ああいうのはおしなべてカジュアルヘンタイですから。市民権を得て久しいステレオタイプのヘンタイですから。じゃあ本当の意味での変態はどんなのかって言われたらこれ、答えられません。何故なら私自身もカジュアルヘンタイだからです。いや、もしかしたらカジュアルヘンタイでもありません。ド普通人間なんです。いや、これはまじめな話、本当にそうです。何から何まで普通なんです。じゃあこのブログで普通じゃないっぽいことを書いているのは何なんだ思うかもしれませんが、これは、ド普通人間が別の何処かへはみ出してみたくて、必死に手足を伸ばしバタバタ足掻いた涙ぐましい結果なんです。

 盗んだパンティーを細かく刻んで笹舟に乗せそっと小川に流し、それを追いかけながらするオナニーじゃないとイケない。

 ですから、ド普通人間が必死になって考え得る変態はせいぜいこの程度ですし、そもそもこれは変態じゃなく単なる荒唐無稽です。ああ、なんという無力。

 密閉されたケースにカメムシを詰め込んでその匂いを深呼吸。

 実際にそういう人がいるらしいと人づてに聞いたとき、その意味を咀嚼することができず黙りこくってしまったのですが、今思えばこのときに、本当の意味での変態をこの人物に感じていたのかもしれません。

 みなさんは、本当の変態に出会ったこと、ありますか? それはどんな人でしたか? ニュアンスでも片鱗でもいいから知りたいんです。というわけで、みなさんからの変態情報お待ちしております。いつまでも気長に待っています。そして私はそのあいだ、普通を追求します。変態をより鮮烈に感じたいからです。日々、普通を極め、最終的に「世界でただ一人のド普通人間」を目指します。よろしくお願いします。

書く爆発


 ヌいてから書くか、ヌかずに書くかという問題がある。書くに限らず、クリエイティブな作業において性欲はどのように作用するのか。プラス?orマイナス? デッドorアライブ? そりゃスッキリしてからのほうがいいに決まってるでしょ。だってホラ、雑念がなくなるわけだし。なるほどそれも一理あろう。冷静かつ客観的な判断のもとにタイプされた文章は理知的であり理論的にも破綻することなく何よりも強靱な説得力をもって読み手の納得を誘う。しかしである、その背後で重大な損失が発生していやしまいか。性欲は無軌道なエネルギーである、無秩序なエナジーである、計り知れない熱量である、そして限りない資源であり、魂の叫びでもある。そうだ、そのすべてを抱えたままで、書くのだ。いや、違う、かいちゃだめだ。そっちじゃない。下半身いい子いい子しちゃったら本末転倒じゃないか。書く、または描いたり歌ったり弾いたり鳴らしたりするのだ。だからさあ、その手を止めるんだ。耐えろ! 歩留まりは悪くても、その「うああ!」を書くチカラにコンバートするんだ。その自己犠牲で、世界をあっと言わせろ。ヌルいテキストをぶっ潰せ! 大丈夫だキミなら出来る。いますぐウィンドウズメディアプレイヤーを閉じテキストエディタを起動、すべてをキーボードに叩きつけろ。殴るように打て。火花が散るくらいに打て。激しく飛び散るキートップ、かまうな、もっと壊せ。最後は爆発だ、炎上だ。YOSHIKIのドラム! それくらいやれ!


 突然ですがお詫びです。オチの思案中にアクシデントが発生、スッキリ状態へと遷移してしまったことにより、上記文章とのテンション差を埋めることが事実上不可能となりました。不完全な状態でのアップ、大変申し訳ありません。今後、このような手違いが発生せぬよう管理体制を強化してまいりますので、クラッシュログ、matohazureともどもこれからもよろしくお願い致します。

 

ハイブリッドカー購入


年末ジャンボが当たったので車を買ったわけなんですが。プリウス。そっそ、そうそう、電気モーターとガソリンエンジンでうまいことアレして走るやつ。ハ、ハイブリッド? とかなんとかいうやつ。んもーピッカピカ。パッカパカ。給油口のフタをパッカパカ。ほんでシートはフッサフサ。ほんでまあ、アレですわ。シートに座してキーをひねりますとね「ヒヒーン!」て。いななき。お? なんでえ馬なんじゃねえかっていやいや馬じゃあないんですよ。ほら、電気モーターちゅうのは無音ではないですか。分かりますか? え? 分かりませんか。そしたらぜひ覚えて帰ってください。音、しないんです。電気モーターんときはむむむの無音なんです。はああ? なんでえそれがどうした無音のなにが都合悪いってんだ言ってみしゃんせ。って。そう、そっちの金髪ゴムメガネのあなた、そう言いたいんでしょ? ややや、そんなにかぶりを振んなくなっていいの。いいのいいの分からないってことは恥ずかしいことじゃないんだから。ひとつ考えてもみりゃんせ、たとえばもし、アンタが目の不自由な人間だったとしたら。・・・・・・ね? そうでしょう? 無音じゃイカンでしょう? 車があるっちゅうことに気づかないわけでしょう? ほしたら撥ねられ放題なわけでしょう? 交通テロなわけでしょう? モータリゼーションが引き起こした災害なわけでしょう? だから「ヒヒーン」。効果音。これ特注でしてね。無理言って拵えてもらったんです。こんなら「あ!」って気づいてもらえるわけでしょう? 「あ、馬だ!」って思ってもらえるわけでしょう? いやいやだから馬じゃなくて。馬のフリ、してるの。あ、あ、あ、それだけじゃないんです。走ってるときは「パカラッ、パカラッ」って。効果音。「一休さ〜ん!」って。「大変でござる、一休さ〜ん!」って絶叫すれば気分はもう新右衛門。次世代・新右衛門。ていうような、そんな車の夢をですね、見たような見ないような、そんな09。