空も飛べるはず日記&コラボックルニュース(0807)


 年に何度か、空を飛ぶ夢を見ます。空を飛ぶと言っても優雅に大空を舞う鳥のそれではなく、例えるならば、スーパーマリオの海ステージにおいてAボタンを押した分だけビョッ、ビョビョッと浮上するような感じの、しかも飛行高度は電線レベルという、「空」より「空中」と表現した方がしっくりくる「必死なオバQ」とでも名付けたい飛び様なのです。

 で、具体的な部位は分からないのですが、体のどこかに力を入れる、もしくは意識することにより飛ぶ仕組みになっているようで、そのせいか、水揚げ後の魚みたいに体をビクつかせながら汗ぐっしょりの疲労困憊で目覚めるのが常です。淫らな行為の夢から覚めた際にも腰を振っていることがありますが、疲労具合はその比ではなく、空を飛ぶことがどれだけ大変なのかを物語っていると言えましょう。

 でもまあ「必死なオバQ」だとしても、飛んでいるときはそれなりに楽しいものです。それに引き替え、実生活でのいろんな意味での飛んでなさ加減といったらありません。ああ飛びたい。飛びたいし飛ばしたい。せめて「パーマン」レベルで飛び回りたいし、あわよくば「フランスの作曲家ドビュッシー」レベルで飛ばしたい。

 いま、ふと思いつきで「空を飛ぶ夢」をgoogle検索してみたら「空を飛ぶ夢は性的な欲求のあらわれ」と出てきました。えええーそうなの?まいっちんこ。どなたか詳しい方、善意の解釈求みます。

 さて、やっとこ隆光ダイアリーの告知です。
 今回は豪華です。こういうのはどうですかねえ?と提案したシチュエーション両方を描いてくれました。今回も、ほにゃみさんに大幅に助けられた感じですありがとうございます。しかも、わざわざ8月7日午前0時にアップしてくれました。やだよ恥ずかしいって言ってるのに「どうしても!」と言うので渋々承知しましたウソです。本当は初めから8月7日にしてもらいたいとムッツリ思っていましたすいません。

ではどうぞ。

隆光ダイアリー 第五関節
http://d.hatena.ne.jp/honyami1919/20080807

隆光ダイアリー 第四関節


 
青いなああ。すごく青いなああああ。
弘樹とアリジゴクごっこしてる場合じゃない青さだよ。
この青さヤバい、つうかマジあええ(青い)。
ていうかさ、アリ役いっつもボクで引きずり込む役はいっつも弘樹。
ホントずりいし。

モテない遊びなんてもうやんない。
これからボクは毎日、人気のない昼休みの屋上でこうやってipodガンガン聞きながらコカ・コーラを飲み干すんだ。うわー、ヤっバい、すっげーテンション上がってきたかも。

 ♪あーまぁーいぃー、においぃにいー、
 さそわれたわたしはカーブトムーシぃー

ああ、気持ちいいなあ。
こうやってのけぞっても、のけぞってのけぞっても青、青ばっか、わわわ、のけぞり過ぎて倒れちゃうー。って、あ!?

「なにしてるの?」

ズサッ。
仰向けに倒れたボクを見下ろしているのは……。

「遊佐さん!」

ていうか美津子ちゃん!
わわわわわわわわわわ、こっちにくる。
おっぱいをゆさゆさ揺らしながらこっちに!
遊佐だけにね。なーんてウマいこと考えてる場合じゃないんだ!
ボクはこのあといったいどうしたらいいんだ。

「あ、あ、あ」
「好きなの?」
「えっ?」
「カブトムシ。歌ってたでしょ、さっき」
「あああ、いや、あの、ちがくて、ダビング妹にしてもらっ…」
「私もaiko、好きよ」
「そ、そうなの?」

「……ねえ、隆光クンてさ」
「なに?」
「カッコいいよね」
「え!?」
「中間楔状骨のあたりが」
「!!!」
「うふふ」
「骨、すごく詳しいね」
「だって、……気になるんだもの」
「あの、え? それってどういう……」

「おーい、たかみつー!!」
「あ、リツコ!」
「たかみつー!!!」
「だれ?」
「いや、あの、となりの家の」
「もしかして彼女さん?」
「いや、ちがくてそんなんじゃなくて!」
「ふうーん」
「ホントにちがくて!」
「じゃ、私行くね」
「遊佐さん!」
「またね隆光クン」
「あ、うん」

「やっと見つけたっつうの、たかみつこのー」
「なんなんだよリツコ」
「今の遊佐さんでしょ? どうしたの?」
「どうだっていいじゃん」
「あー分かったー、遊佐さんのこと好きなんでしょ?」
「は? バカじゃねえの? 好きなわけねえじゃん!」
「ふうーん」
「ていうか何だよ?」
「あ、そうそう、たかみつの自転車のサドル引き裂かれてたよ」
「ええっ!? なんで?」
「知らないわよ」
「うそだー」
「雨が降ったらグズグズね」
「股間が濡れ鼠になっちゃうよ」
「あ、そうだ、あとね『たがみつはいねがー』って探してたよ」
「誰が?」
「弘樹が」
「で、なんて?」
「ウラギリものーって」
「やったの、弘樹かー!」



第四関節





文:matohazure
絵:honyami1919







バックナンバー
 第一関節 http://d.hatena.ne.jp/honyami1919/20080605
 第二関節 http://crash-log.com/?eid=198
 第三関節 http://d.hatena.ne.jp/honyami1919/20080618

隆光ダイアリー 第二関節


 
骨がボーン!
あ、しゃれこうべ隆光です。

ちょっと聞いてくれますか。
あの、こないだ、廊下に立たされたじゃないですか。
弘樹とふざけてて。

実はあのあと「隆光は残れ」って担任に止められて、
みっちり説教されたんですけどなんてゆわれたと思います?

「そんなんじゃ立派な大人になれないぞ」
だって。説教のスタイルが古すぎてグッと来ないっていうか、
ぜんぜん焦んないっていうか。

「そんなんじゃ立派にオッパイ揉めないぞ」
だったらすごくすごく焦るけど(笑)
大人は何にも分かっちゃない。

そんで、「帰ってヨシ!」って言われてカバン取りに戻ったんだけど、
誰もいない教室はすごく怖かったです。マジでホントに怖かったです。
野球部も帰っちゃって校庭から声も聞こえないし。
あ、アレ? ……てことは。

こんなことしちゃいけないんだいけないんだいけないんだ。
って分かってたんだけど気付いたら美津子ちゃんの笛が左手に……。

『もしかしたら唾液のDNA鑑定で逮捕されるかもしれない』
っていう不安と、

『チャンスは今しかない!』
っていう悪魔のささやきのあいだに挟まってなんかもう、

うわああああああ!
ボクは、ボクは一体どうしたらいいんだー。

って頭抱えてたら足音が遠くから聞こえてきて、
速攻で飛び上がって逃げたんだけど、もう、足ガクガク。

あんましガクガクしすぎてアバラがコロン!てはずれちゃうし。
やっぱし悪いことするとバチがあたるんだなって痛感。
ごめん、ごめんね美津子ちゃん。たぶん、もうしないからね。


第二関節


文:matohazure
絵:honyami1919





バックナンバー
 第一関節 http://d.hatena.ne.jp/honyami1919/20080605