隆光ダイアリー 第二関節


 
骨がボーン!
あ、しゃれこうべ隆光です。

ちょっと聞いてくれますか。
あの、こないだ、廊下に立たされたじゃないですか。
弘樹とふざけてて。

実はあのあと「隆光は残れ」って担任に止められて、
みっちり説教されたんですけどなんてゆわれたと思います?

「そんなんじゃ立派な大人になれないぞ」
だって。説教のスタイルが古すぎてグッと来ないっていうか、
ぜんぜん焦んないっていうか。

「そんなんじゃ立派にオッパイ揉めないぞ」
だったらすごくすごく焦るけど(笑)
大人は何にも分かっちゃない。

そんで、「帰ってヨシ!」って言われてカバン取りに戻ったんだけど、
誰もいない教室はすごく怖かったです。マジでホントに怖かったです。
野球部も帰っちゃって校庭から声も聞こえないし。
あ、アレ? ……てことは。

こんなことしちゃいけないんだいけないんだいけないんだ。
って分かってたんだけど気付いたら美津子ちゃんの笛が左手に……。

『もしかしたら唾液のDNA鑑定で逮捕されるかもしれない』
っていう不安と、

『チャンスは今しかない!』
っていう悪魔のささやきのあいだに挟まってなんかもう、

うわああああああ!
ボクは、ボクは一体どうしたらいいんだー。

って頭抱えてたら足音が遠くから聞こえてきて、
速攻で飛び上がって逃げたんだけど、もう、足ガクガク。

あんましガクガクしすぎてアバラがコロン!てはずれちゃうし。
やっぱし悪いことするとバチがあたるんだなって痛感。
ごめん、ごめんね美津子ちゃん。たぶん、もうしないからね。


第二関節


文:matohazure
絵:honyami1919





バックナンバー
 第一関節 http://d.hatena.ne.jp/honyami1919/20080605



 

隆光ダイアリー 第二関節” への2件のコメント

  1. そんな体で唾液が出るんですか!?(笑)

    というか、この教室の写真はどうやって撮ったのか、それがちょっと羨ましいというか。
    笛じゃないですよ。断じて。

  2. >テロメアさん
    分かってます、分かってますって。
    笛じゃない。ってことにしておきますから(笑)

    でもホントにこの教室の写真はいいですよね。
    リアルな空気感があの頃の記憶を……。

コメントは受け付けていません。