めざせ!金メダル


 あー、オリンピック出てー

 「肉食いてー」なノリね

 マジ、金メダリてー

 誰キャラなの?

 なんも家ねえっす!

 いまさら北島?

 家もなんもねえっす!

 メダルどころじゃないじゃない

 ロンドンに向けてなんかよさげな種目ないかなあ?

 いまから? そして、そこから?

 ヒカルちゃん、伸びる種目知ってるんでしょ〜?

 先物買いの銘柄じゃないのよ勅使河原さん

 お願いお願い教えて教えて!

 そんな他力本願な口火でいいの?

 いいかもしんない

 正式種目じゃないけどいいかしら?

 ハードル低そうなのがいいな

 んー、じゃあ、カバティなんかどう?

 カバティ!?

 そう「カバティカバティ」って言いながら相手にタッチする競技よ

 あー知ってるー!

 「カバティカバティ」言いながらおっぱいにタッチするやつだ!

 「するやつだ!」じゃないわよ!

 あ、タッチしていいやつだ

 カバティは公然猥褻の免罪符じゃないわ!

 それに「あ、」ってなによ

 『いつもの街角が、戦場になる。カバティ』

 ハンサムづらでいい感じのキャッチコピー呟いてもダメ

 カタカタカタ・・・

 ツイッターでなにしてるの?

 「日曜日、駅前で無差別カバティするよ!」

 勅使河原さん、それ、捕まるんじゃないかしら

 じゃ、どこでカバティすればいいワケ!?

 逆ギレないでよ

 トレーニング環境ダメすぎるでしょマジ日本

 バカっ! そんなの自分で切り開くのよ!

 ・・・わかったよ

 ずいぶん素直なのね

 カバティ、カバティ、カバティ、カバティ!

 さあ、トレーニングしようじゃないかヒカルくん!

 キャー! やだやだ! 触んないでよ!!!

 ふぇっふぇっふぇっ!

 おまわりさ〜ん、たすけて〜!





 交番なう

絶対音感


 
 「ワタシ、絶対音感なの」って人がいたんだよ

 うん

 なんだか嘘くさいよね

 そうかしら?

 「今のビンタの音、ドよ」って。

 言ったのね?

 そう、「今の金切り声、ラよ」って。

 どういう状況なの?

 合ってるかどうか確かめようがない

 信じるしかないでしょ

 言ったもん勝ちな気がする

 勝ちかどうかは分かんないけど

 いや、アイツ、絶対に絶対音感じゃない!

 ややこしいわ

 絶対音感のフリ、ダメ、絶対!

 他にもネタあるなら全部出しちゃって

 もうない

 引き出し狭いのね



 同じ絶対なら絶対敏感の人がいいな

 なんなのそれ?

 ちょっと触れただけで声が出る人

 ただの感じやすい人じゃない

 その通りである

 ふんぞり返って言うことじゃないわ

 「いい!いいー!」って言うよ

 そりゃ言うでしょうよ!

 はい、今の「いいー!」の音階は?

 絶対敏感の絶対音感!?

 どんなドレミを奏でたのかな?

 え?アタシが答えるの?

 さ、言ってごらん

 しょうがないわね一回だけ付き合ったげるわ

 は、はやく

 えーと「ファ」かしら

 え? 聞こえない

 ファ

 も、もう一回

 ファ!

 もういいでしょ!?

 お願い!

 しつこいわ!

 お願いお願いお願いお願い!

 んもう!ヘンタイ!!!

 はやくはやくはやく!

 もうやけくそだわ

 ハアハアハアハア

 ファ! ファ!

 もう一丁!

 ファ! ファ! ファ!

 ついでにもう一丁

 ファ!ファ!ファ!ファ!ファー!!

 最後にもう一回!

 ファーーーー!!!

 ・・・チッ、OBかあ

 キャディじゃないわよ!



食いっぷりショー


 会社に食いっぷりのいい同僚がいる。仮に名前を腹田、腹田俊彦としよう。

 彼と牛丼を食べに行った。まず、並二丁というチョイスセンスに電流が走った。曰く、特盛り一丁よりもパフォーマンスが高いのだそうだ。小食キャラで売っている私には100パーありえない選択肢。その「ありえなオーダー」を貪るように食う、いや、喰らっている。その姿を眺めながら私は思った。ここはサバンナかと。弱肉強食の世界かと。

 その一方で、「胸のすく食いっぷりやわあ」。そんな肝っ玉かあさんライクな心理にもなっていた。「おかわり言うてや!」。しゃもじ片手にスタンバっていたい。この食いっぷりをもっと眺めてたい。目を細めて微笑んでいたい。そうか! 私は気づいた。これはエンターテインメントなのだと。「金の取れる食いっぷり」なのだと。

 これをなんとかショービジネスとして成立させる方法はないか。逡巡の末、バチン!脳内に閃光が走った。彼に、牛丼を食いながらテーブル間を練り歩いてもらってはどうか。ディナーショーである。「腹田俊彦ディナーショー」である。普通のディナーショーはタレントの歌や踊りを鑑賞しつつ客が食事をとる。が、「腹田俊彦ディナーショー」は彼自身が食事を取る。いわずもがな、彼の食いっぷりが歌や踊りに勝るとも劣らないエンターテインメントだからだ。コンセプトは、「アラ還をターゲットにした子育ての追体験」。

 各テーブルには、おひつと寸胴が用意され、気持ちのいい食いっぷりに刺激されたアラ還たちがほっかほかの白飯やつゆだくの牛肉、時には紅しょうがを給仕する。彼の周囲は「アタシが!次はアタシが!」で揉みくしゃだ。胸の前で手を合わせ、見惚れるだけのご婦人もいるだろう。ちなみにこのディナーショー、彼女たちに食事はない。そして、彼女たちもそれを望んではいない。なぜなら彼の食いっぷりを観ること、そして給仕することで、彼女たちの胸は満たされているのだから。

 

七三日記(0413)


■夜、食器を洗いながら、ものすごくか細くてそして長い、聞き耳を立てなければ聞こえないくらいの屁をしたら、廊下で寝ていた猫がビクッと起き上がってガラス越し、闇夜に向かってニャーと鳴いた。どうやらオレのした屁が、雌猫の鳴き声に聞こえたらしい。■屁で声帯模写、いや違う、これはなんて呼べばいいのか、屁帯模写? 肛門模写? というかそもそも声帯模写とは、声帯「で」模写するのか、声帯「を」模写するのか。そのスタンスが曖昧なまま、安易に「肛門模写」などと呼んでしまっては赤っ恥をかくことになる。しかしインターネットをフル活用しても、その答えは導き出なかった。■猫が風呂場の小窓から先を急ぐようにひゅいっと、弧を描いて出掛けた。雌猫なんていないのに。■会社の先輩Yさんが女の子を紹介してくれるという。ニャー! なんでも前職の知人女性Mさんからの紹介だそうで、図式としては、オレ→Yさん→Mさん→女の子である。■割と近くに住んでいる。愛想がよい。太ってはいないが中肉中背である。はっきり分からないが26歳くらいである。などの情報を得、そこそこにテンションが上がる。■こちらサイドからも、身長170センチ弱・体型スリム、くだらない妄想を内に秘めた35歳。などの情報を提供し、一旦、向こうサイドの反応を待った。付き合うかどうかなんてのは別問題として、一回みんなで飲みいこうか。なんて談笑しながら。■翌日、Yさんは言った。「昨日の子、22歳なんだって。で、35歳はちょっと、だってよ」■おーいカァさん!ちゃぶ台持ってきてー、ひっくり返すから!■誰も悪くない。そう、誰も悪くない。私のために奔走してくれたYさんMさん相手の男が35歳だと聞かされた22歳の女の子。そう、誰も悪くない。一個人のために見せてくれたYさんMさんの素晴らしい連携プレイには頭が下がるばかりだし、自分が女だったとしても干支が一周以上しちゃってる男を押しつけられるなんてまっぴらごめんだし。だから、そう、誰も悪くない。■しかしそうは言ってもやね、切れ味の悪い包丁でギコギコ切られたみたいにオレは傷ついたし、辛くて酸っぱい現実を味わわされてすごく悲しい気分になった。善意×善意イコール無邪気な悪意。■オレはその夜、机の上の小窓に向かって先を急ぐようにぴゅっと、短い放物線を描いた。

本日の特選! ビニール合羽3

注目


kappa02





yoichiro 男:勅使河原洋一郎

hikaru 女:ヒカル

きれいな紅葉

yoichiro なんてキレイな紅葉だ

hikaru うっとりしちゃう赤ね

yoichiro ああ。だけどそれよりヒカルくん

hikaru なあに?洋一郎さん

yoichiro 君のその、ほっぺの赤さに

hikaru え?

yoichiro ・・・ボクはうっとりしてる

hikaru やだ!洋一郎さんたら

yoichiro ボクのハートも赤く燃えてる!

hikaru ヤだ、照れるワ!

yoichiro ハハハ、ますます赤く色づいてゆく

hikaru いじめないで!

yoichiro ハハハハハ、ヒカルくん、ハハハハハ



hikaru ところで洋一郎さん

yoichiro なんだい?

hikaru 「紅葉狩り」の「狩り」ってなあに?

yoichiro なんだ、そんなことか

hikaru 知ってるの?

yoichiro モチロンさ

hikaru 洋一郎さんて、歩くウィキペディアね

yoichiro 何を言う、ハハハハハ、何を言うんだ

hikaru ね、早く教えてよ!

yoichiro 「狩り」っていうのはね・・・

hikaru なになにナニ!?

yoichiro ・・・・・・

yoichiro ・・・・・・

yoichiro それはね・・・

hikaru それは・・・?

yoichiro オマエを食べちゃうってことさ!!!

hikaru キャー!!!!

yoichiro ・・・なあんてね

hikaru ヤダもう!ヒカルびっくりしたんだからあ!

yoichiro ハハハハハ、冗談冗談半分冗談、ハハハハハ



hikaru 痛っ!

yoichiro どうしたんだヒカルくん!

hikaru 驚いて転んだらヒザが・・・

yoichiro 擦り剥いてるじゃないか!

yoichiro すまないヒカルくん

hikaru ううん、へっちゃらよ

yoichiro さ、傷を見せてごらん

hikaru 平気だってば

yoichiro む!これはイカン

hikaru どうしたの?

yoichiro 唾をつけておこう

hikaru 洋一郎さんたら大袈裟よ

yoichiro ささ、つけて進ぜよう

hikaru ホント平気なの!

yoichiro なあに、ペロっとすれば済むことさ

hikaru やだ洋一郎さん!

yoichiro コラコラ、逃げるでない



hikaru あっ!!!

yoichiro なんだいやぶからぼうに

hikaru 雨だわ

yoichiro むう・・・雨

hikaru さっきまでお天気だったのに

yoichiro 女心と秋の空・・・というやつか

hikaru それってどういう意味?

yoichiro 女心のように秋の天気は変わりやすいってことさ

hikaru 洋一郎さんて、歩く伊集院光ね

yoichiro ややこしい例えだね

yoichiro もともと彼は歩くしね

hikaru そんなことより宿りましょ

yoichiro ああ、はやく雨宿らねば



yoichiro おっ!あすこにあるのは

hikaru かつての防空壕?

yoichiro おあつらえ向きじゃないか

hikaru まるで棚ボタね

yoichiro そうだね、魔法使い少年の物語だね

hikaru どういうこと?

yoichiro ハリポタ、ってね

hikaru やだ!洋一郎さん、満点大笑い!



yoichiro ひゃー、すこぶる濡れてしまったな

yoichiro まいったまいった

yoichiro いやはやまいった

hikaru そんなに濡れたかしら?

yoichiro しかしどうしたもんかな

yoichiro ・・・このままじゃアレだし

hikaru ヒカルならなんともないわ

yoichiro うーん、そしたらしょうがない

yoichiro 脱ぐか

yoichiro 脱いで乾かすしかないか

yoichiro うん、それしかない

hikaru ね、ヒカルの話聞こえてる?

yoichiro さ、ヒカルくんこれを着るんだ

hikaru このトレーナーは?

yoichiro なんか、たまたまリュックにあったんだ

hikaru 「bitch」って書いてあるわ

yoichiro いいかヒカルくん!状況を考えるんだ

yoichiro こんな濡れ鼠のままじゃ・・・

yoichiro 風邪の魔法にかかってしまうよ

hikaru だからヒカ・・・

yoichiro しまうんだよ!

yoichiro しかもなかなか解けやしないんだ

yoichiro だから、さあ、はやく

yoichiro このブカブカのトレーナーを着て

yoichiro 前屈みになるんだ

yoichiro そして横目で

yoichiro 横目でチラチラ確認したい

yoichiro 7回くらい確認したい

hikaru なにをブツブツ言ってるの?

yoichiro いいから着るんだ

yoichiro 早く着るんだヒカルくん

hikaru わ、分かったわ

yoichiro ようし、いい子だ

hikaru ね、勅使河原さん

yoichiro ん?なんで急に苗字なのかな?

hikaru アッチ向いててほしいの

yoichiro おっと、こりゃ失礼

hikaru 絶対見ないでね

hikaru 見たら、キライよ

yoichiro わ、分かってるさ

yoichiro よし、それじゃ10数えよう

yoichiro 数えたら振り向いていいよね?

yoichiro よーし、決まりだ

yoichiro じゃあいくよ

yoichiro いーち

yoichiro にーい

yoichiro さーん

yoichiro しーい

yoichiro ごーお

yoichiro ロクナナハチキュウジュウ!

yoichiro い、行くよヒカルくん!



yoichiro い!?

yoichiro そ、それは?

hikaru ラビットのビニール合羽よ

yoichiro が!?

hikaru ヒカル、これで帰るわ

yoichiro う!?



ナレーション
 いつまでもあると思うな防空壕
 これさえあればいつでもどこでも雨宿り。
 安心安全ビニールの「ラビットビニール合羽」


hikaru ホーント、頼りになるんだから

yoichiro え?ウソ!え?え?ウソ!?

yoichiro ボクは?ボクはどうしたらいいの?

hikaru それじゃ行くワ、勅使河原さん

yoichiro だからなんで苗字で!

hikaru じゃあねばいばーい

yoichiro まってまって、待ってってばー!

hikaru 風邪の魔法にお気をつけアレ

yoichiro ちょ、ちょっとー!



yoichiro ・・・女心と秋の空、か

yoichiro 変わらぬ愛が

yoichiro 変わらぬ愛が欲しい

yoichiro 欲しい、いますぐに!

yoichiro あと、なんで苗字で呼ぶんだよー

yoichiro ふぇ、ふぇ

yoichiro ふぇーっくしょん!



ナレーション
 変わらぬ愛のビニールで人類を包む 角倉工業株式会社







テキストサイトサミット2008に参加したときの記事です。こんなに早くログ公開するなんてイベントの意味も何もあったもんじゃないよなー。などという声が各方面から聞こえてきそうではありますが、最近あまり更新していないこともあって穴埋め的な意味で一足先に公開してしました大目に見てください。ちなみにイベントのあったサイトでは30日にログが公開されるそうです。