携帯用メッセージ壁紙No.006


まず、今回の壁紙を紹介しましょう。



success1


これまで紹介してきた壁紙については、
おおむね賛同してまいりました。

しかし今回の作品については、
否定的にならざるを得ません。
というよりも意味が分かりません。

「失敗」イコール「何もしないこと」
であると言いたいのでしょうか。

それとも、
「失敗」したくないなら「何もしないこと」
だと言いたいのでしょうか。

後者の場合、なんて後ろ向きなメッセージを
発信しているのだと言わざるを得ませんし、
前者を我が身に適用した場合、生まれてこの方
「何もしてない」ということになってしまい、
メンタル面で非常に厳しいです。

そうなればここは、
我が精神を鼓舞させるようなメッセージを作成し、
また、広く頒布しなくてはならないでしょう。

これは、かなり考えました。
夜な夜な煩悶し、頭を掻きむしり、
考えぬいて出た答えがこれです。











success2

一見、禅問答のようですが、深く考えるのはよしてください。
ここに意味を見いだすことは出来ません。

たぶん、考えすぎた結果、
アタマがバカ田大学に入学してしまったのです。
そしたら、ぼくは、しょうらいは、うえ木しょく人になりたいです。

携帯用メッセージ壁紙No.005


インターネットの普及から十数年。
私たちの生活はとても便利になりました。

なかでも特筆すべきはEメールの浸透。
携帯電話でも使うことが出来るようになり、
コミュニケーション手段として日常的に使われています。

しかしその手軽さの一方、
返信がない場合、不安に駆られることがあります。
1分おきにセンター問い合わせをした経験、
ホラ、あなたにもあるでしょう?

今回紹介する壁紙は、そこまで病的ではないにしろ、
携帯電話をじっと見つめ、愛しい人からのメールを待つ。
そんな、いじらしい乙女の気持ちを表した作品です。





はやくとどけ1
ふと思うのですがインターネットが普及してからというもの、
「待つ」機会の急増とともに、「待ち時間」に対するリミットが
大幅に短縮された気がするのです。例えば、こんな感じに。








はやくとどけ2

愛しの肉は、今日の午前中に三重の集配所を出発したばかりのようです。

クロネコヤマトの荷物お問い合わせシステム
http://toi.kuronekoyamato.co.jp/cgi-bin/tneko

携帯用メッセージ壁紙No.004


 
「自分の気持ちを誰かに伝える」

それはとても単純な行為。
私たちは毎日、誰かに何かを伝えて生きているのです。
数え挙げればキリがありませんが、例えばこんな。

「今日も寒いね」
「醤油取ってよ」
「消しゴム貸して」
「パン買ってきて」

ごくごく普遍的な気持ち。
私たちは、何らためらうこともなく、
伝えることが出来るはずです。

しかし、愛の気持ちはどうでしょうか。
そうです。カンタンには言えないのです。
素直に言えたらいいのに。

でも言えない、言えないのです。
だったらどうするの? ワタシ、一体どうしたいの?
そんな心の葛藤を的確に表現した壁紙を見つけました。



愛してる1


抱きしめる。
原始的とも言える行為で愛を伝ようというのです。
もはや言葉なんていりません。
ぬくもりだって、りっぱな愛なのですから。

え? 抱きしめる勇気がない? 大丈夫です。
あなただけの愛の行為で伝えればいいのです。
たとえばこんな。






愛してる2

たとえ歪んでいても、愛は愛です。

携帯用メッセージ壁紙No.003


空を見上げて、
愛しい人のことを思い浮かべる。

雲の形が、
愛しい人の笑顔に見える。

べつの雲は、
思いにふけったような横顔。

そんな雲を、
じっと眺めながら、
思ったんでしょうね、
きっと。


きみはいま(1)

せつなさに胸が苦しくなるようです。



だけど雲は、
その自由で、
かつ個性的な形は、
ボクの想像力をかき立てて、
幾通りもの解釈を与えてくれるのです。
そう、ボクだけに。


きみはいま(2)

振り払え!
 

ボクは、
空に浮かぶキミに向かって、
力いっぱいに叫んだんだ。

携帯用メッセージ壁紙No.002


また、感動する壁紙を見つけました。


あじ(1)

一緒に試験勉強をしたり、
手足にアザをつくりながら、
コートのボールを追いかけたり、

そんな部活を一緒にサボったり、
学校からの帰り道、
土のついた大量の雑草を、
他人の庭先に投げ込んだり。

さまざまな思い出も含め、
出てきた言葉なのでしょう、きっと。
友達は大事したいものです。

今回も、
インスパイヤーされてしまったので、
ひとつ作ってみました。


あじ(2)

こんなことばっかりやってる場合じゃないです。
誰か、ボクと友達になってください。お願いです。
一緒に雑草、投げ込んだりしましょう。