七三日記(0824)


 
■夏が終わってしまった。
■何をセンチメンタルな。と思うかもしれないが、夏生まれに見えない男グランプリ東北ブロックベスト16の夏生まれで夏大好き男の私が言うのだからちょっとは許して欲しい。
■何もない夏だった。海に行ってない、花火もしてない、ビアガーデンも行ってない、かき氷もすすってないし、なんのアバンチュールにも出会ってない。ただただ暑いだけの不甲斐ない夏。そんな夏に更新した文章を読み返してみると、これ、脳が沸騰してるというか、熱暴走というか。なんだか申し訳ない気分になった。
■何もない夏の締めくくりとして、中年男女の暑苦しい夏物語を書こうと思った。「純文学」などと大見得切ったサブタイトルまでつけたのだが、うまく書けなかった。


■ああ、本当に何もない。なんかしらあるだろうと思うのだがまるっきりゼロだ。あ、でもこんなことならあった。


■駅前を歩いていたら、背後から小さな女の子がタタタと走ってきて私の前方で振り返り「あっかんべー」をした。よもや自分に向けられているとは思わずキョロキョロ辺りを伺ったのだが、それらしき対象人物はいない。とりあえず私は女の子へ向かって中指を立てた。どうせ意味など分かるまい。それを見た女の子は再び走り出し、数メートル先でまた振り返って「あっかんべー」をした。中指を立てようと思ったら女の子はすでにどこかへ走り去って見えなくなってしまった。
■小さな女の子との小さなゆきずりだった。なんだかよく分からないがそう思った。どうせなら、おとなの女の子とゆきずりたかった。でもゆきずれなかった。……ああ、そういや、こんなこともあったっけ。


■運転手のWさんが「あっ」と指差す先を見ると、道路の真ん中で子犬がのたうち回っていた。さっきすれ違ったばかりのトラックが脳裏に浮かぶ。きっと轢かれたのだろう。ショッキングな光景に耐えきれず目を覆った。しかし、車を止めたWさんの「あれ?」に顔を上げてみると子犬はぴんぴんしていた。それどころか私たちに向かって「ワン!」と敵意のひと吠えまでしてみせた。結局の所、子犬は轢かれてのたうち回っていたのではなく、ぺしゃんこに干からびたヘビの死骸にじゃれていただけだったのだ。無邪気に。
■ちゃんと繋いでおけ。飼い主にそう言いたい。伝えたい。言付けしたい。伝言ゲームで伝えたい。矢文を射りたい。あ、そうそう、その帰りにガソリンスタンドで給油したときのこと。


■ものすごく丁寧な店員に出会った。「満タンでよろしいですか?」「吸い殻、ゴミなどございませんか?」などと丁寧な言葉使いで嫌み過ぎない笑顔の接客。見れば「見習い中」の腕章。ふてぶてしい態度の見習い店員が多いなか、久々に「ええやん」と感じた見所のある好青年だったのだが、帰り際に帽子を脱ぎデタラメな方向へ視線を向け、「あるつぉあーす!(ありがとうございます)」と言った。
■なんだよそれ。やけっぱちじゃねえかよ。最後で気を緩めるなら最初から緩んどいてほしいものだ。あ、あ、んだんだ、ガソリンスタンドついでに思い出したことがある。


■セルフのスタンドで給油していたら店員が近寄ってきて、うまい棒をくれた。めんたい味だった。「なんですか?」と聞くと「サービスです」。みんな暑さでアタマがどうかしてるんだろう。とりあえず、小さい声で「あるつぉあーす」と言ってみた。
■窓全開でうまい棒をかじりながら夕暮れの道路を飛ばしたら、夏の終わりの匂いがした。センチメンタルな気分に酔っていたら、匂いがどんどん強くなってきた。夏の終わりじゃなくて堆肥の匂いだった。急いで窓を閉めた。なんだかなあ、で夏が終わった。

業務連絡011 お祝い


 
Subject:[業務連絡] お祝い
To:安達専務
Fm:栗田


栗田です。
安達っち、おつかれさまです。


あのですね、
双子の息子と娘が小六になったんです。
おかげさまでぐんぐん伸びてます(/_・)/
なんだか雑草みたいね。


えっと、それでですね、
娘が五年生で初潮になりまして、
もちろん!お赤飯でお祝いしました(゚∀゚*)//パチパチパチー


で、問題は息子のほうなんです。
なんていうのか、ほら、あの、ねえ、ほら、ほらぁ、
…精通? (キャー言っちゃったパタパタ←扇ぐ音)


でもねえ、
女の子と違ってタイミングが分からなくて困るの。
たとえば、ほら、ほら、あれですよ、もー、ほらー!
…夢精? (キャーキャーキャー! やだもー!!)
お祝いするきっかけって、それくらいしかないでしょう?


だから最近の日課は、、
息子のパンツを洗濯前に
毎回チェックすることなんです。o(^o^)o ワクワク


お祝いするなら、
お赤飯でいいんでしょうか?
教えてください、専務。


よろしくお願いします。


以上



☆* ゜   *
    ⌒   ⌒ ☆* ゜ + *
 ⌒ *  ⌒ + ・ *・ ・ *   栗田 ゆう子
 + 大 ・. *。" ・ * ☆* ゜ + yuko kurita
         ・ ・ + *。"
 + ・ *."П ." *". * ・ . ・ *(株)ラブ・テクノス
   __∥ * ・ /\/\ ・ ゜*★ ゜*★ ゜*★ ゜*★ ゜*★
  /\ _\ ・ / \ \ ・ y_kurita@love-technos.co.jp



▼▼▼
Subject:[業務連絡] Re:お祝い
To:栗田くん
Fm:安達


やめてやめて、やめてあげて!
パンツチェックはやめてあげて!
デリカシーのないことはしないであげて!
男にはそんな風習ないし、今後も一切いらないからね。


あとさ、
いい年してカマトトぶるのもやめてもらえるかな?


でもさあ、
前から疑問だったんだけど、
初潮に赤飯っていう風習、要るのかな。
どうなの? 思い出してみてよ栗田くん。
恥ずかしくなかった?


そんなことしないでよ!
って思ったりしなかった?


もし、
どうしてもお祝いしたいんだったら、
赤飯じゃなくて白飯がいいんじゃないかな?
(オヤジギャグデシター f(^^;) ポリポリ)


安達



▼▼▼
Subject:[業務連絡] Re:Re:お祝い
To:安達専務
Fm:栗田


やだ、専務。
恥ずかしくなかった?
って、それセクハラですか?
セクハラですよね。


このメール、
印刷して保存しておきますから。
万が一に備えて。


赤飯じゃなくて白飯がいいっていうのも、
意味が分からないけどハラスメントの匂いがするわ。
ぷんぷんするわ。


☆* ゜   *
    ⌒   ⌒ ☆* ゜ + *
 ⌒ *  ⌒ + ・ *・ ・ *   栗田 ゆう子
 + 大 ・. *。" ・ * ☆* ゜ + yuko kurita
         ・ ・ + *。"
 + ・ *."П ." *". * ・ . ・ *(株)ラブ・テクノス
   __∥ * ・ /\/\ ・ ゜*★ ゜*★ ゜*★ ゜*★ ゜*★
  /\ _\ ・ / \ \ ・ y_kurita@love-technos.co.jp



▼▼▼
Subject:[業務連絡] Re:Re:お祝い
To:栗田くん
Fm:安達


ちがう、違うって。
誤解だって、栗田くん。


私はただ、
初潮と赤飯という風習に関する一般的なアレをだねえ。
なんというか議論しようとしていたわけで。


ていうか、
そっちからそれっぽい話振って来といて、
そりゃないんじゃない?


安達



▼▼▼
Subject:[業務連絡] Re:Re:Re:お祝い
To:安達専務
Fm:栗田


フケツ!!



☆* ゜   *
    ⌒   ⌒ ☆* ゜ + *
 ⌒ *  ⌒ + ・ *・ ・ *   栗田 ゆう子
 + 大 ・. *。" ・ * ☆* ゜ + yuko kurita
         ・ ・ + *。"
 + ・ *."П ." *". * ・ . ・ *(株)ラブ・テクノス
   __∥ * ・ /\/\ ・ ゜*★ ゜*★ ゜*★ ゜*★ ゜*★
  /\ _\ ・ / \ \ ・ y_kurita@love-technos.co.jp


 

 

まちがい供養


 
 玄関から一歩踏み出した瞬間にやわらかい風がひとつ吹いた。


 あー、気持ちいい。
 酷暑の中、墓参りへ向かう我ら末裔へ向けた、先祖からのささやかな贈りものかもしれない。やらたと重くてかさばるキャノーラ油なんかより、なんぼか気の利いたお中元ではないか。


 墓地へ着くと地形のせいなのだろうか、髪がなびくほどの風に変わっていた。各家の先祖が小さな風を持ち寄り、団結だか談合だか協力だかコラボレーションをして大きな風を巻き起こしているのかもしれなかった。そんなふうに妄想してみると、ありがたいような薄気味悪いような気分になったが、こうして体にまとわりつく余分な熱を払ってくれるのだから、なんにしろ助かっている。


 墓石に水をかけ、花を生け、線香を供え、手を合わせる。
 そうやって本家の墓を済ませ次に向かったのが親類の墓なのであるが、どうも様子がおかしい。近づくにつれ視界が悪くなってゆくのだ。


 これは、ボヤ!?
 うわあ、もう、なんか、すごい、煙が。
 ああ、目が痛てー。ていうか、何が燃えてんの?


 と見れば、束ねるための紙も解いていない線香がまるまる一束ごろり、炎と煙をめらめらもくもくさせながら横たわっていたのである。祖父、父、母、弟、そして私は、あららなんだどうすんだよこれ!? などと軽いパニックになりながらも、インチキ祈とう師みたいにバツ印を描いてぶんぶん振り回したり、意識が遠のくほどに強く息を吹きかけたりして、なんとかかんとか鎮火させたのだった。


 にしても、なんて大雑把な線香の供え方なんだ。もはや供養じゃなくて燻製だ。先祖の燻製。で、「センゾの燻製」って書いたらなんか珍しい魚の燻製みたいじゃないか。って、そんなことはどうでもいいよ。


 線香ぐらい、ちゃんと供えましょうよ。
 まるごとバナナみたいな供え方はやめましょうよ。
 たとえ供養の気持ちがなくたって、体裁だけは整えましょうよ。
 だって、オレ、もうこんなにヘロヘロの汗だくで頭に来てんだから。


 
 そんな気持ちを見透かしたのか、ひと際強い風がびゅううと吹いて、全身を包む怒りと熱をきれいに拭ってくれた。あー、気持ちいい。


 ありがとうセンゾ、いや、ご先祖様。

カロリーちょうだい


 
 #1


 うう。
 暑い。
 直射日光のタコ殴りによって失神寸前の日々。肉体労働者にとっては酷な季節である。これは、灼熱的嫌がらせと言っていい。これほど辛いのならいっそ、ホモ上司の性的嫌がらせのほうがなんぼかマシだぜ。といった気の迷いも起こるが、しかしそれは開放的な夏のいたずらのせい。大丈夫、まだ間違いは起きてない。


 猛烈に喉が渇いたので、自動販売機でスポーツドリンクを買う。
 もどかしい手つきでペットボトルのキャップをキリッとひねり、喉を鳴らしてラッパ飲みした視線の先に、結露した「ゼロカロリー」の文字がにじんで見える。私はため息をつく。


 「ノンカロリー」
 「ローカロリー」
 「カロリーカット」
 「カロリーオフ」
 すべて、カロリーの低さを示す表記である。


 どうも釈然としないのだ。
 なんの因果で、汗を流し体力を使って手に入れた賃金の大枚をはたき、カロリー無混入の商品を買わされなきゃならないのか。こうした表記を見るたび、私はなんだか損した気分になる。


 
 #2


 損した気分は、暑さの中で怒りへと変わる。
 体力消耗した憔悴ヅラの労働者にこんな仕打ちってないよ。どこさ隠したカロリーを。ああ、カロリー不足で体が疼くぜ、補充させろよカロリーを。カロリーくれよ、カロリー、カロリー、カロリーくれよ、カロリーィヒヒヒ・・・キィエエエエエィ!!


 キレた。
 そして、キレを頂点とするその怒りは新しい歌を生んだ。
 脳内バンド「ゆるゆる帝国」による、脳内レーベルから8月9日リリース予定の脳内シングル「カロリーちょうだい」である。



オレにちょうだい
ちょうだいオレに
高カロリーをちょうだいよ
オマエの持ってるカロリーを
ぬるめに燗したカロリーを
オレのポッケにねじ込んでみてよ


いいさいいさ それでもいいさ
オマエがオレを 無視とかするなら
旅行に行くなら せんべい 鹿 奈良
韻を踏んでも シカトをするなら


オレは休日 油をなめて
なめて過ごすぜ


サラダ油を
フォエバ
過ごすぜ!!


 私の脳内に、ヘビーローテーションで流れ続けた。


 
 #3


 これほどまでに低カロリー食品が蔓延しているにも関わらず、ダイエット関連商品の売上げが低迷しないのはどういうことだろう。摂取するカロリーが少なくなれば体重も減少するという単純な図式が成立しないことの疑問を思うとき、胃液分泌のトリガーとなる「グルメ番組」の存在ぬきには語れない。


 ハム、エビ、スイーツ。
 うまいものをたらふく食えと促し、その舌の根の乾かぬうちに痩せろ痩せろと急き立てる。我々は気付くべきである。カロリーの自転車操業を必死で漕がされていることに。さ、勇気を出してペダルから足を離すのです。


 さらに気付いて欲しいのは、低カロリー食品によってダイエットを成就させたのは消費者ではなく、残業続きの商品開発者、フル稼働の工場で働く従業員、スターを起用し徹夜でCM撮影、編集に明け暮れる広告代理店スタッフなど、ゼロカロリー食品を世に送り出すために多大なカロリーを消費した彼ら自身なのだということに。


 
 #4


 クレジットカードは現金の手触りが確認出来ないがゆえに、注意しなければ使いすぎてしまう。同じように、カロリーも目に見えないがゆえに摂取しすぎてしまうのではないか。だったら想像すればよいのだ。なんかこう、白くて、やわらかくて、もちもちした感じもの。それがカロリーであると。何か口に運ぶたび、「白くて、やわらかくて、もちもちした感じもの」が体内で脂肪に変わるのだと思い込む。過剰摂取の抑止力になるはずだ。白くて、やわらかくて、もちもちした感じもの。それを忘れないで欲しい。


 
 #5


 私は危惧している。
 ゼロカロリー食品の増加によって、深刻なカロリー不足に陥ることを。当然、カロリーがらみの犯罪が急増するだろう。目出し帽のカロリー強盗が「カロリーよこせ!」とコンビニを襲い、新橋のサラリーマンは「手持ちのカロリーをぜんぶよこせ!」と若者に恫喝され、リーゼントの不良たちは「ジャンプしてみろ」とカロリーをカツアゲする。「またもやカロリー狩り!」の文字が紙上に踊らぬよう願うばかりだ。


 
#6


たけしメモ風に。


■こんなカロリーはいやだ!


 餅だ


白くて、やわらかくて、もちもちした感じもの。
とは言ったけど、これ、完全に餅だよ。
つきたてで湯気出ちゃってんじゃねえか。
バカヤロウ!


■こんなカロリーはいやだ!


 こんにゃくだ


お土産やのオバちゃんが、
「アッチのほうにも効くのよ」
ってニヤニヤしながら力こぶ決めてくるんだけど、
どっからどう見てもこんにゃくなんだよな。
ほとんどカロリーないっての。挙げ句の果てに、
「私をお土産にどうかしら?」だって。
バカヤロウ!


■こんなカロリーはいやだ!


 鍋の具だ


 「さささ、食べて」
って渡された取り皿に半透明のそうめんぽいのが入ってて、
何これ?って聞いたら、
「マロニーよ」
だって。ボキャブラ天国じゃないんだから。
バカヤロウ!


 
 #7


 カロリーとは関係のない話。
 大量の汗をかくと、おしっこの回数が極端に減る。1日1回なんてこともざらなのである。摂取した水分はすべて塩分と一緒に汗となって流れ出すから問題ない。心配なのは、尿に含まれる尿素とか老廃物の存在だ。おしっこが出ないということは、つまりこれらが排出されてないということである。膀胱のあたりに沈殿して石になったりしないのだろうか。尿道結石を患った友人によると、小石が尿道を通過する際の痛みは相当なものらしい。話を聞いて縮み上がった私だ。


  とにかく不安である。おかげで7時間半しか眠れない日々が続いている。すみません、すみませんが、このブログを読んでる方の中に、どなたか医者は、お医者様はいらっしゃいませんかー!?



業務連絡010 遠くへ行きたい


 
Subject:[業務連絡]遠くへ行きたい
To:愛田社長
Cc:加藤 千葉 栗田 岡星 富井(トム)
  ベム ベラ ベロ むえみ えなり マヤ
Fm:安達


社長、
そしてみんな。


取り乱してしまってすまなかった。
悪いのはきっと、この俺なんだ。


だから旅に出る。


だけど、
「自分探し」なんていう、
嘘くさい旅なんかじゃない。


ただ、遠くへ行きたい。
それだけだ。


でも、今のままの俺では、
遠くへ行くことができない。


レッスンを、
遠くへ行くための、
小さなレッスンを、
何度も重ねながら、
旅するつもりだ。


 
hodou01


 
手始めに、
あの角を左へ曲がることから、
始めてみようと思う。


そこから、
すべてが始まるような気がしている。


 
hodou02


 
さあ、曲がったぞ。


いつ戻ってこれるのだろう。
その判断基準さえも俺には分からない。


 
hodou03



 
だけど、
旅の途中で、
その答えは見つかるだろう。
そんな気がしている。


だから、
決して、
急いではいけない。


 
hodou04



 
ゆっくりと、
この足で歩き、
地面の感触を味わい、


そしてこの耳で、


人間の話し声や、
獣たちの鳴声などの、
空気の震えを聞いて、


そしてこの目で見・・・、


 
hodou05





・・・どうしたことだ。



終わってしまった。


どこまでも続くはずの、
すべてが始まるはずの、
道が。


 
hodou06


 
いやはやこれでは、
一歩たりとも動けやしない。


 
もしかしたらこれが、
・・・これが答えなのか?


いや、
答えと言うよりは、
警告かもしれない。


「戻れ」


きっと、
今の俺は、
旅に出るべきではないのだ。


誰かが、
俺に伝えようとしているのだ。


あなたは、
旅に出る必要がない、
いえ、資格がない。
あるいは、準備が足りないと。



旅をするのに、
そんな、
ビーチサンダルじゃ、
軽装すぎやしませんか?


と。



ああ、
サンダル擦れで、
一歩たりとも動けやしない。



社長、
そしてみんな。


どうやら、
旅に出るためには、
もっともっと勉強が必要らしい。


俺が、
旅に出られるようになるまで、
いろいろ教えてくれないか。


どんなに時間がかかってもいい。



たのみます。
よろしくたのみます。



安達


 
Subject:Re:[業務連絡]遠くへ行きたい
To:安達
Cc:加藤 千葉 栗田 岡星 富井(トム)
  ベム ベラ ベロ むえみ えなり マヤ
Fm:愛田


安達、
おまえなにしとん?



こっちはもう、
なんや、
てんてこ舞いやで。


おまけにみんな、
なんや知らん、
浮かない顔しとる。


みんな、
待っとるで。


とにかく、
はよ出社せえや。


ふすまの落書きがうまく落ちひんねや。



愛田


 
Subject:Re:Re:[業務連絡]遠くへ行きたい
To:愛田
Cc:加藤 千葉 栗田 岡星 富井(トム)
  ベム ベラ ベロ むえみ えなり マヤ
Fm:安達


いや、
だから、
おばあちゃんの知恵袋じゃないんですって。



ほんとにもう、


とりあえず、
今から行きますから。


今すぐ行きますから。


サンダルのままで、
駆けてゆきますから。

安達


 
Subject:Re:Re:Re:[業務連絡]遠くへ行きたい
To:安達
Cc:加藤 千葉 栗田 岡星 富井(トム)
  ベム ベラ ベロ むえみ えなり マヤ
Fm:愛田


>サンダルのままで、
>駆けてゆきますから。

年頃の娘か!



愛田