デニーズへようこそ


 
 デニーズで読書をする私の視界に、黒い影がすっと割り込んできた。
 反射的に上げた視線の先には、黒ずくめ男の後ろ姿があった。坊主頭で左手にセカンドバッグをぶら下げた恰幅の良いその風貌はプロレスラーの藤原組長を彷彿とさせ、「その筋の者」とまでは言わないが、我々通常の市民とは一線を画す「ならずもの」的な雰囲気を醸し出していて、その登場と共に周囲の空気を一変させた。


 男は「いらっしゃいませ、お一人ですか?」という中年店長の問いかけにも聞く耳を持たず、店内奥の喫煙席まで不遜にゆらゆら揺れながら辿り着いたかと思うと、テーブルにセカンドバッグをどさりと載せ、一秒にも満たない絶妙な沈黙ののち、『ホットミルクちょうだい』というぶっきらぼうな言葉を店長へと投げつけ、それに対する「かしこまりました」を背に受けながら、トイレの方角へ悠々と去って行ったのだった。


 ギャップ!!!


 さまぁ~ず三村のようなツッコミが口から飛び出そうになるのを、喉元でぐっと押さえつける。センセーショナルなイベントを目撃して思考停止に陥った私は、ヒリヒリとした脳の痺れが治まるまで、ぬるいアメリカンをすすり、ただただひたすらに安静を保つしかなかった。そして男のもとへ白いマグカップが到着した頃にようやく平静を取り戻した私は、ある根本的な疑問を解決するべく店員を呼びつけ、取り寄せたメニューの見開きの中からホットミルクの記述をくまなく探した。・・・あんのかよ!


 そっと目を上げ、湯気にまみれながらホットミルクをすする男の姿をメニュー越しに観察すると、ごくごくわずか、ごくごく一瞬ではあったものの、ミルクで白く滲んだ荒々しい口角に、充足の笑みがほころび生まれたのだった。んギ!・・・私はいてもたってもいられなくなり、伝票をむしり取って会計を済ませ、近場の井戸へとタイヤを鳴らし鳴らししつつ車を走らせ、その暗くて深い穴に向かって、「藤原組長似はミルク好き! 藤原組長似はミルク好き! 藤原組長似はミルク好き!!!」と叫んだ。3回叫んだ。


 叫び終えてハッと我に返ったときには、全国各地のあらゆる井戸という井戸から、「藤原組長似はミルク好き」という事実が鳴り響いているところだった。おそらく藤原組長似は、血眼かつ白い口まわりのままで、私のことを探しているだろう。ならずもの連合会の全勢力を注ぎ込んで探しているだろう。だから、この記事が、私の最後の記事になるかもしれない。更新が1ヶ月以上停滞したら、手足の自由を奪われて井戸に投げ込まれたのだと思っていただきたい。もしくは、部屋のコタツのぬくもりに気力をすっかり奪われているのだと思っていただきたい。
 

本日の特選! ビニール合羽


 
kappa02


 
たのしい登山

男:勅使河原洋一郎
女:ヒカル


yoichiro ひと雨くるぞ

hikaru こんなお天気なのに?

yoichiro 山の天気は変わりやすい、ってな

hikaru 洋一郎さんて物知りなのね

yoichiro んなこたないさ

hikaru 頼りになるワ

yoichiro ほうら、さっそく来なすった

hikaru きゃー

yoichiro 空が泣きなすった

hikaru 洋一郎さんて、詩人ね

yoichiro あすこに山小屋があるぞ

hikaru 渡りに船ね

yoichiro 渡哲也は大門さ

hikaru やだ洋一郎さんたら

yoichiro こんな時こそユーモアを、ってね

hikaru ウィットが利いてるわ

yoichiro ヒカルくん。さ、走ろう!

hikaru ま、待ってよ!

yoichiro ふー、ずぶ濡れだ

hikaru ちょっと濡れたわね

yoichiro いやー、まったくもっての濡れ鼠だよ

hikaru ヒカルはそれほどでもないわ

yoichiro 脱いで

hikaru え?

yoichiro 洋服を乾かそう

yoichiro 風邪ひいちゃうから

yoichiro あ、暖炉がある

yoichiro 薪もあるよ

yoichiro もう安心だ

hikaru なにをぶつぶつ言ってるの?

yoichiro ほら脱いで

yoichiro 早くしないと

yoichiro あ、ボクが先に脱ぐ?

yoichiro そうだよね、そのほうがいいよね

hikaru ちょ、ちょっと勅使河原さん

yoichiro まって、脱ぐから

hikaru ね、ね、勅使河原さんってば!

yoichiro いったいなんだって言うのさ!?

hikaru お願いがあるの、勅使河原さん

yoichiro なんで急に苗字で呼ぶの?

hikaru ・・・むこう向いててほしいの

yoichiro あっ、ごめんごめん

hikaru 絶対見ないで! じゃないとキライよ

yoichiro わ、わかったよ

yoichiro ねねね、いま、ぬ、脱いでるのかい?

yoichiro もう脱いだのかい?

yoichiro もういいかい? いいのかい?

yoichiro もう、一糸纏わぬ姿、なのかい?

hikaru ・・・いいわ、こっちを向いて

yoichiro 行くよ、ヒ、ヒカルくん!!

yoichiro ・・・なんなの? それ

hikaru ラビットのビニール合羽よ

yoichiro な!

hikaru ヒカル、これで下山するわ

yoichiro え!?

 
ナレーション
 持っててよかった。
 安心ビニールで山小屋いらずの「ラビットのビニール合羽」
 安心価格にて発売中!

 
hikaru ホント、頼りになるワ

yoichiro ねえ、ボクはどうなっちゃうの?

hikaru じゃあねー、勅使河原さん

yoichiro ええー、そりゃないよー、ヒカルちゃーん

yoichiro あと、なんで苗字で呼ぶんだよー

 
ナレーション
 ビニールを通して明日を見つめる。角倉工業株式会社

かゆいところはございません。


 天然パーマの暴挙が抑えられなくなり、5ヶ月ぶりに髪を切った。
 これまで幾度となく訴えている見解ではあるが、敢えて言わせていただきたい。美容室は敷居が高い。サロンと名乗る店舗はなおさらだ。白を基調としたオシャレな外観、オシャレな店員がオシャレな人の髪をオシャレにカットしている。そんな光景を電柱の陰から観察し、私は躊躇する。バリアフリー化された入口の、なだらかなスロープにさえ足がすくむのは、まばゆいオシャレにわななく私自身が築いた心のバリアに原因がある。私たちオシャレ見知りによる美容室難民の拡大を防ぐためにも、これからの美容室はメンタル面のバリアフリーにも目を向ける必要があるだろう。

 オシャレを中和させるファクターの導入など、誰もが思いつくアイデアは手軽に実践可能であるが問題がないわけではない。例えば、バカ殿のポスターを店頭にディスプレイすることにより敷居が下がるかと言えば下がらない。そこには、「我々オシャレスタッフが、敢えてバカ殿を採用するなんて、とびきりオシャレでしょ?」といったスタンスが透けて見えてくるからだ。むしろ、敷居は高くなると言っていい。あらゆるものを取り込み敷居を上げてゆく美容室サイドの、いわゆるオシャレスパイラルに対し、私たちはあまりにも無力である。そう考えると、中和するためのファクターには、かなり思い切ったアイテムを用いる必要があるが、かといって店頭に馬糞をディスプレイ、となると論点にズレが生じてしまい、事態の収拾は困難を極める。よって、「適切な中和アイテムの選出」に関しては、多分にセンシティブさを孕む問題であることから、この場で早計な結論を出すことは避けたい。

 擦り傷を負いつつ心のバリアを突破した私を阻むのは、美容師との会話である。以前、饒舌な店員によってよく分からない髪型にされて以来、彼らとはビジネスライクな距離感を保つように心がけている。たとえ会話をしたとしても、気の利いたことが言えず話がつまらないのではないかと気を揉んだり、興が乗ったとしてもプイとどこかへ去ってしまい話の腰が折れたりすると非常にやりきれない。また、「このあとどこか行かれるんですか?」の問いに、「いや、どこにも」と答える半笑いの自分を鏡の中に見つけてしまわないためにも、なるたけ会話はしたくない。

 回避策としては、雑誌に逃げ込むのが妥当だろう。
 大抵の場合、全く読みたいと思わない「CUT」をあてがわれる。美容室のデファクトスタンダードであるこの雑誌以外に選択肢を与えられていない私は、「カットされながらCUTを読む」というダジャレ行為の強要を甘受しながら渋々ページをめくることになる。そして、知らない外人のインタビューを読む。正確に言えば、用心深く読むフリをする。不用意に読み進めてしまえば、カット序盤にも関わらず残り2ページを熟読のフリでしのぐ必要性が生じてくる。

 以前、カットの最中に突如としてサラミを賞味したくなったことがある。さほどサラミ好きではない私に、恋焦がれるほどのサラミ欲を発動させた要因は、虚ろな視線が捉えたCUT紙上の「サム・ライミ」というごく小さな文字列であった。このように、配分ミスはサブリミナルな欲望を引き起こすトリガーとなり、オシャレ空間でガチガチになった私たちをさらに混乱させる。

 外傷を負って入店、雑誌のペース配分を計算し、ガチガチになり、そして不必要な混乱をくぐり抜け満身創痍となった私たちは、次のステージで、さらに神経をすり減らすことになる。

 「首のほう苦しくないですか?」「はい」、「お湯の熱さは大丈夫ですか?」「はい」、「かゆいところはございませんか?」「はい」、「流し足りないところはございませんか?」「はい」。文字では伝えられないが、トーンや強さ、タイミングがすべて異なる「はい」なのである。勉強熱心な役者なのではない。「何回、はいって言わすのか」という苛立ちを隠蔽するためのオブラートのような気配りであり、不快感を表明することの許されない美容室においては欠かせないメソッドなのである。

「ヘッドアシスト」も上記メソッドの応用である。耳馴染みのない言葉かもしれないが、文字通り後頭部を洗い流す際の、頭部持ち上げ作業に対する補助行為である。大多数の方が、おや? と感じたことからも分かるとおり、多くの場合無意識下において行われているポピュラーなメソッドである。しかし、過剰なアシストは「頭の軽いバカな人間」といった誤解を招く恐れがあり、「タオルの向こうで店員同士がオレを蔑んで笑ってる」などといった、二次被害的な妄想によって自滅する恐れがあることから、推奨できないとする識者も多い。

***

 書けば書くほど読み手との温度差が開いてゆく事実を認識していない訳ではない。そもそもが論ずるに値しないテーマであることに加え、稚拙なレトリック、馬鹿げた妄想などに愛想を尽かし、お気に入りやRSSリーダーから次々と抹消されてゆく光景が脳裏をよぎるたび、キーを叩くペースは著しく乱れ、思考は保身へとなびいた。

 現在の、光ファイバーを筆頭とする大容量高速回線は、動画やファイル交換ソフト等のトラフィックによりパンク寸前であるという。ごく僅かのデータ量とはいえ、蜘蛛の巣のごとく張り巡らされた貴重なインフラの帯域を占有し、0や1に変換された「馬糞」の文字列や馬鹿げた妄想を、縦横無尽に配信しなければならないほどの需要がいったいどこにあるのだろうか。

 ない。
 自信を持って言える。需要などない。だが、意味は、ある。いや、今は無意味でも、ディスプレイのバックライトで夜な夜な青白く照らされたその顔が、この記事によってほんの少しでもほころび、脳髄を揺らすことが出来たなら、その回数分だけ「無意味」が「意味」の・・・、あー、ちょっとすんません、タイムです、チンコかゆい、あーかゆい、かゆいから、掻くね。

 えー、失礼致しました、もうかゆいところはございません。で、なんでしたっけ? そうそう、その回数分だけ「無意味」が「意味」のベクトルへ向けカウントアップされ、そして世界が、コンマ1ミリでもいい、私たち寄りに傾いてくれたら。そんな願いを込めて、この記事を公開しようと思う。私たちとて、いつまでも無力のままではいられないのだし。あーっと、ダメだ。やっぱしかゆい、チンコがかゆいです。かゆいから、掻くね。で、掻いた手で、また、書くね。役に立たないことを、書くね。

スケールの大きな買い物


メモリも安くなりましたよね。
1,899円のminiSDカード1GBを購入。

レシート
店員は、
「あの、レシート、ちょっと、アレですけど」
とか言ってました。

でも、
スケールの大きな買い物をしたような、
それでいて空しいような、そんな、
そんな夕暮れでした。

本日の特選! 雨合羽


 
amagappa01 

 
300エン。
新品未開封。
柄は何周も何周も回った挙げ句、
もの凄く新しい流行の予感、モンペ。


イラスト女性のように、さあ、手を伸ばして。
いや、伸ばしてる場合じゃないですよ。
奥のトラクターのおとっつあんが、
「はやぐしろ」って怒ってますから。


頭には、手ぬぐいを巻いて、
前髪をちょろっと出す、
そんな、オシャレ着こなし。


さ、アナタも、
オシャレ泥棒を決め込んで、稲刈りしよっ!
(限定数1)