応援するなら金をくれ。


 最近、とあるCMを見るたびに釈然としない気分になる。


もっと言えば、気分が悪くなる。後から効いてくる感じで。ゲド戦記応援CMのことだ。アサヒ飲料、読売新聞がそれぞれ展開している。CM動画は用意できないが、WEBの特設サイト、またはニュースリリースが以下のリンク。


読売新聞(キャッシュ)
アサヒ飲料(キャッシュ)


 アニメ映画を「応援する」ってどういうこと?野球とかサッカーとかバレーボールを応援するなら分かるけど・・・え?スポーツ?ゲド戦記ってスポーツなの??と、小学生のような純粋な疑問を消化できずに、たくあんを掴む箸の動きが止まる。「ねえ!アニメってどうやって応援すんの??」と30過ぎて母を困らせてみたい衝動が襲ってくる。


 だけど、要するに、「お宅んとこの例の、ホラ、新しいアニメ、間違いなく大当たりしますやろ?いやいやいや分かってまんねん。いや、他でもないそれを見込んでお願いがあるんですわ。ちゅうのは、ウチのCMに使わしてもらいたいちゅうことなんですわ。いやいやいや、みなまで言わんとも分かってまんがな、アニメはようけゼニかかるっちゅうのは。せやから、・・・なんぼほど要りまんの?」ってことでしょ?


 飲み込みにくい。オブラート7枚で包んだ大人の事情くらい飲み込みにくいものはない。タイアップを否定するわけではなく、飲み込めないのは、それを「応援」と呼んでいることだ。「タイアップ」=「応援」という言い換えの、なんとも言えない気持ちの悪さ。それは、『高校球児最後の夏、母校の応援』・『生まれたての小鹿が足を震わせて立つ瞬間の応援』・『全財産を掛けた単勝一点買いの馬を応援』などといった、応援業界では押しも押されぬ、損得勘定抜きの「本気の応援」に対して失礼ではないだろうか?

 ちなみに、「どうやって応援するの?」と質問にどういう返答をするのか気になるので、これを読んだ小学生は、企業にメールを送るように。夏休みの自由課題としては、いいテーマだと思うので、ぜひチャレンジしてもらいたい。



 あと、こんなのもあった。


メリット(キャッシュ)


 シャンプーがアニメを応援て。コマーシャル情報→コラボレーションCMから動画も見られますん。