MOTTAINAI友の会


参考記事:「MOTTAINAI」について。


 「もったいない」ってよく聞くけどあれ、どうなんでしょう。いや、活動自体は素晴らしいんです。だから文句言うつもりなんかさらさらないですし。でもなあ・・・と思うんです。懸念してるんです。
 
 その前にですね、私の低感度アンテナでもキャッチ出来てますから必要ないでしょうけど、もったいないの活動について、上っ面で説明します。


 ケニア人女性のワンガリ・マータイさんが来日した時分に「もったいない」の意味を聞いて感激したと。『消費削減(Reduce)・再使用(Reuse)・資源再利用(Recycle)の3つの単語を、たったひとつの単語で表現できるなんて!』と。存在しないらしいんですね他の国には。「もったいない」に匹敵する単語が。で、のべつまくなし「MOTTAINAI、MOTTAINAI」って世界中に言いふらしてブレイクした。と、こんな具合です。


 確かにね、缶コーヒー1本でも袋に入れようとするでしょ、入れ込んでくるでしょ、コンビニの店の員は。弁当の容器だって捨てようとすると、やけにかさばるし。あと、1本1本袋に入った爪楊枝。どうかと思います。消費削減(Reduce)の視点から見ると。過剰包装はやめよう、って思いますよ。なにかにつけて動きに無駄が多い私でさえも思いますよ。


 それから、再使用(Reuse)・資源再利用(Recycle)の視点から考えると、風呂水を洗濯に使うのは言うに及ばず、スーパーのチラシを刻んでメモ帳にしたり、小さい石鹸同士をくっつけて1個にしてみたり、蛍光灯も小さい輪のやつだけ点灯するとか、ウェットティッシュは洗って乾燥させてノーマルティッシュとして使うとか。


 要するに「もったいない」イコール「みみっちい」なんです。『もったいないと、みみっちいは意味が違うよ。』なんて奇麗事言ってたら、この活動は成功しないんです。意味は違っても行為は同じ。そこをはっきり認めていかないとダメだと思うんです。食卓でホッケつつきながら、『セレブになりたいの。』なんて言ってるOLにも、その事実をはっきりと突きつけるべきなんです。


 これが、この活動の最大の問題点。「みみっちい」に耐えられない人間の弱点。私たちはひとつ上のステージへ行かなければならない。冒頭で「でもなあ…。」と呟いたのはそういうことなんです。


 この問題を解決する具体的な方法は、「MOTTAINAI」だけではなく「MIMICCHII」を並行して全世界に広めていくこと。私たちが好きな、「赤信号、みんなで渡れば怖くない」に倣って、「みみっちい、みんなでやれば恥ずかしくない」を裏スローガンとして。


ビバ!みみっちい。


コンピューターおばあちゃん



 関連記事リンク

 いま、情報流出が熱い。


 その流出ペースは芸能人お宝写真を凌駕する。というほどに、まあー出るわ出るわ。コーラックの服用後ぐらいにこんもりと出ているようです。で、その理由というのが連日の報道にもある通り、その作者が逮捕されたことで有名な某ファイル交換ソフトが原因らしいのです。


 おかげで各地の県警、省庁、教育機関、企業などが上を下への大騒ぎ、右へ左への反復横飛び。という、どうしたらいいのか分からない状態になっちゃってる状態。だけどもこれは他人事ではありません。知らない間に自分自身の情報が広く流布しているかもしれないのです。ただひとつ私達に出来ることは、どこかの誰かが私の個人情報を流出してしまうことがありませんように。と両手を合わせて祈るのみ。


 さて、ここからが本題。
 私の友人が短期アルバイトでマイクロバスの送迎をしていた時のエピソードで、バスに乗車してきたご年配の方々が、「○○さん、やるなら専用パソコン買ってやらないとダメだよ。」と、例のソフトの話題で大いに盛り上がっていたというじゃないですか。


 あなおそろしや。専用パソコンを用いるとは紛れもなくヘビーユーザー。年寄りはゲートボールとか盆栽とか、縁側で番茶飲みつつ、たくあんかじって過ごしているんだとばかり思ってたけど、もう古い概念なんでしょうか。


 そもそも、このソフトを使うには多少のネットワークに関する知識が必要で、そうなると彼ら彼女らは、なんていうか、ハイテクじじい。もしくはハイテクばばあ。ついでにもしくは、「コンピューターおばあちゃん」だと言える。幼き日に聞いていたあの歌が、今まさに遂に現実のものとなったのだと、ひどく感慨深いような末恐ろしいような気分です。




※コンピューターおばあちゃん
 NHK「みんなのうた」にて1981年発表。
 編曲は坂本龍一。詳しくはここ

※追記
 Drgorillaさんのブログで映像を発見しました。ここ