同窓会エレジー


 
 中学校の同窓会へ行ってきた。


 案内の葉書が届いたのは2ヶ月前。返信先には当時の私が密かに好意を寄せていた女の子の名前が記されていた。その名はまゆみちゃん。
 にわかにみぞおちの辺りから立ちのぼる中学時代の得も言われぬ空気感。決して新しくはない校舎の渡り廊下に牛乳のケースを抱えて立つ僕がいる。


 何故そんな場面が浮かんだのかは分からないが、そこから手繰り寄せれば芋づる式にニキビ面の記憶がわんさと掘れる気がした。試しに軽く引いてみると、むせかえるほどの懐かしさがたちまち込み上げてきて鼻の奥をじんと刺激する。僕はなんだか思い出すのが怖くなって慌ててコーヒーを飲み懐かしさを流し込んでしまった。ぐびぐび。


 改めて返信先の名前を眺める。彼女の苗字は昔と変わっていない。住所も卒業アルバムに載っているものと同じ。それは、つまり、そういうことである。途端に軽く締めつけられるような心地良い感覚が食道付近を襲い、同時に心臓の鼓動が速くなり顔が上気する。ときめいている僕がいた。びふナイトで皮脂を丸め込んだ夜に夢想したまゆみちゃんとのストーリー。それがいま現実のものとして、手を伸ばせば触れられる距離に存在している。


 いやいやいやいやいや。
 顔をぶんぶんと左右に振り、妄想もたいがいにしておけと自分を諫める。そんな色褪せたビックリマンシールみたいな淡い思いはティッシュに包んで鍵付きの引き出しにしまっておくのが無難なのだ。たったいま思いついた理論で、妄想を母体とするときめきをねじ伏せる。


 期待すればするほど裏切られた時のダメージは大きい。


 あの頃の僕が知らなかったことを今の僕は知っている。そのことを大人になったのだと言えば聞こえはいい。しかし実際にやっていることは、なにかへの期待という瑞々しく純粋なエネルギーを、ぴょんぴょんと飛び跳ねようとしているその熱量を、土鍋の蓋かなんかで強引にむぎゅうと押さえつけることなのだ。


――ね、それって楽しいことなの?


 牛乳ケースを抱えた僕がこちらをじっと見てそう言っている。そんな目をするんじゃない。おまえにもこの気持ちが分かる日が来る。毅然とした表情を作ってあの頃の僕に僕は答える。しかしそれでもあの頃の僕はケースを抱え直しながら、いつまでそうしているつもりなのだろう、今の僕に意義を申し立てるかのようにずっと立ち続けていた。


 ……分かった分かった言いたいことは分かった。僕は彼の視線に耐えられなくなって言った。じゃあこうしよう、今回ちょっとだけ土鍋の蓋を捨ててみる。それでいいよな?


***


 そして今、二つ斜め前の席に彼女がいる。薄いピンクのカーディガンを羽織った彼女はびっくりするほどキュートで可愛らしかった。潤いのある大きな瞳がきらきらと眩しい。それを見た期待という名の熱量はオレンジ色に光り、勢いよくバウンドし始める。待て待て待て待て。焦るんじゃない、焦るんじゃない、こらこらこらこら、ハウス!熱量、ハウス!!こら。


 僕は待っていた。まゆみちゃんの会話に耳をそばだてながらアキラ達と下品な会話をし、話しかけるタイミングを待っていた。そして、「俺さあ、太股が好きなんだよねえ」。アキラがそう僕に切り出したときである。誰かがまゆみちゃんに質問をした。


「まゆみちゃんのダンナって、優しいよねえ」


 反射的に振り返ると、まゆみちゃんと目が合う。ん?という顔をしている。うろたえた僕は知らないフリをしてアキラに視線を戻し言った。「俺はふくらはぎが好きだね」何を言ってるんだ俺は。そうじゃなくてそうじゃなくて、結婚してるじゃんまゆみちゃん。うっそー。わー、でも、あれ?住所が変わってないのはどうして?錯乱しながら疑問をぐるぐる頭の中で回していると、


「まゆみちゃん、婿様って大変なんでしょ?」
「えー、そんなことダンナに聞いてよ」


 という会話が耳に飛び込んできた。


 僕は全てを承知した。姓も住所も変わらないのは当然だ。まさかそういう手で来るとは手が込んでいる。思いもかけない展開に意気消沈しているとトオルが、「俺はねえ、くるぶしが好き。ね、いいよね?」と僕に同意を求めてきた。そんなこと知らんがな。僕はトイレに立った。あんなに光っていた熱量は今はもう灰色に姿を変え、いくら揺すっても反応を示さなかった。


 僕は渡り廊下に立つあの頃の僕を捕まえ、青いジャージの肩口をわしっと掴んで言った。「な?な?な?な?な?結局はこうなるだろ?な?な?な?」あの頃の僕は牛乳ケースを抱えたまま俯いて黙っている。僕はジャージの肩口を掴んでいる。長い沈黙の中、不意に生暖かい風が二人を撫でるように吹いた。


 あ、春だ。この匂いはきっとそうだ。風が春を蓄えて僕らの前にやってきたらしい。僕はその感覚を確かなものにしたくなって、目を閉じ大きく深呼吸をした。春は鼻腔を経由して肺の細胞に溶けていく。間違いなくこの瞬間に春が始まったことを知り、春の吐息をもらしながらそっと目を開けると、あの頃の僕もそれに気づいたのだろう、上目遣いで申し訳なさそうに笑った。

脳内十番勝負(2007年2月)


脳内十番勝負についてはこちら




[勝負No.1] 2007.02.24 19:35


名前だけ聞くとありそうなもの


大根おろし風呂



[勝負No.2] 2007.02.24 19:45


歯医者で吸い取った唾液はどこへ行くのだろうか。


人間はどこから来てどこへ行くのか。と同じ口調で先輩が言った。


トイレにでも流すのだろうか。唾液で満たされたバケツを運ぶのだ。


えっちらおっちらとガニ股で運ぶ。手元がすべってバケツが倒れる。


唾液で満たされたバケツが。唾液は床一面に音もなく流れる。


バケツ一杯の唾液が流れていくのを術もなく眺めている歯科助手。


そんな想像をしてしまって私は唾液を飲む。ごくりと音がした。



[勝負No.3] 2007.02.24 20:37


名前だけ聞くとありそうなもの


あんかけ風呂



[勝負No.4] 2007.02.24 21:39

「かわいいのお」

座敷犬を抱いた僕の隣で

サラミくさい息で叔父がささやく

「これ買ったらなんぼすんの?」



[勝負No.5] 2007.02.24 21:43


エビフライ with タルタルソースはおかず度が低い



[勝負No.6] 2007.02.24 21:52


「君の心をくすねたい」

言えないよ そんな台詞言えないよ



[勝負No.7] 2007.02.24 22:18


ホワイトカラーエグゼンプションって何なのかよく分からないけど、


直感的に分かりづらい名前をつけて煙に巻こうとしてるだけなんでしょ?


と、無職の君が言う。全くもってその通りだよ



[勝負No.8] 2007.02.24 22:28

ポンポンポン ポンポンポン

恋の魔法はくるくるポン



[勝負No.9] 2007.02.24 22:45


ぶっきらぼうなジェラシー
 


嫉妬の美容師が髪を切る


シャッシャッとはさみをすべらせる


たぎるそねみを振り切るように 


シャカシャカと無機質な音を響かせて


美容師は一心不乱に 僕はCUTを読みながら 


美容室でしか読むことのないCUTを読みながら


シュッ シュッ シュッと小気味よく


嫉妬のはさみが 僕の髪を細かく刻む


シャッシャカ シャッシャカ シュッ シュッ シュッ


CUTを読むフリの僕は 身を固くしながら


黙りこくったままの 決して若くはない美容師の


その美容師の情勢を 五感を駆使して見守っている


シャッシャカ シャッシャカ シュッ シュッ シュッ


シャッシャカ シャッシャカ シュッ シュッ ポン



[勝負No.10] 2007.02.24 22:45

名前だけ聞くとありそうなもの

こだわりシェフの気まぐれ風呂

七倍怖い映画鑑賞


 
 ホラー映画が苦手だ。
 「怖いから」という単純明快な理由である。なのでホラー映画を観ることはほとんどない。そもそも映画自体をあまり観ないので、数少ない映画鑑賞の機会に、敢えてホラー映画をチョイスすることは皆無に等しい。


 観ている間だけ怖いのなら触手を伸ばしてもいいのだが、観賞後も怖さの後遺症がつきまとうから困る。夜中、トイレに行けなくなる。風呂場で髪の毛を洗っているとき背後に何かの存在を感じる。といった、「あるある!」という声が聞こえてきそうなステレオタイプの後遺症。それさえ無ければ、リングだって、らせんだって、シャイニングだって、13日の金曜日だって、シベリア超特急だって観てやる。(最後のやつは別の意味で)


 しかし世の中には、ちょっとやそっとのホラー映画じゃ恐怖を感じないホラー不感症の人間がいる。通常の人間が、「ギャー!!!」と白目をむいて悲鳴を上げ、ポップコーンをぶちまけ、こぼしたコーラで下半身を濡らしつつ、のたうち回るようなシーン。それでも彼らのリアクションと言ったら、ストレッチ中の関取のように何人がかりでもってしてもそこからピクリとも動かないような、どっしりとした構えを見せる。「ふん」という鼻息が聞こえてきそうだ。


 驚いてやれよ。と私は思う。監督、俳優を始めとする撮影チームが一丸となって夜も寝ずに作り上げた渾身のシーンを、「ふん」とは何事だ。「イマイチだねー」。おい、ポップコーンで油ぎった指をぺろぺろするのはよせ!「あーあ」。すべったコントのオチを見るかのようなその視線をやめろ。監督に代わって注意してやりたいと思う。いや、注意なんて生易しいものではだめだ。ひとつ、ぎゃふんと言わせてやらなければ。


 怖くないなのら、怖くさせてやればいい。いや、何も暴力をふるうのではない。言ってみればホラー映画を7倍怖く楽しむ方法だ。まず、ホラー不感症の人間をひっ捕まえてきて問答無用で手足を縛る。そして口にはタオルを噛ませ、真っ暗な部屋に押し込み、椅子にがっちりと固定。目の前には80インチプロジェクターが設置されていて暗闇と沈黙の中、前触れもなく映し出されるのはホラー映画の金字塔、エクソシスト。


 これは怖い。
 身動き出来ず、声も出せず、目を逸らすことも出来ない。目を閉じ、一切を見ないことで恐怖を掻き消そうとしても、逆に見えないことが不安を呼び結果的に目を開いてしまう。そして目に映るのは、少女の首が180度回転するシーン。「んごご、んぐぐ!」。叫びに似た呻き声が部屋の中に小さく漏れる。いくらホラー不感症人間であっても、これは堪えるはずだと私は考える。


 つまり、今回私が提案するのは、普通に観ても怖くないならシチュエーションで恐怖をアシストしてあげましょう。そんなソリューションなのです。なのです。ってプレゼンみたいになってしまいましたが、デイリーポータルZとか、エキサイトビットで実験してくれないでしょうか。個人で試してくれてもいいです。そして結果を教えてください。お願いします。



リンク
 デイリーポータルZ
 http://portal.nifty.com/
 エキサイトビット
 http://www.excite.co.jp/News/bit/

愛すべき、チラ見ズム。




oppai2.jpg

http://www.i-am-bored.com/bored_link.cfm?link_id=12192



 おっぱいチラ見ゲームというのがあるらしい。
 隣に座った女性の胸元にマウスカーソルを置く。すると男の視線も胸元に移動。見ている間にゲージが増え、1分以内にフルになればクリア。チラ見がバレると、ビールの缶が降ってきてゲームオーバーである。早速プレイしてみた。

 OH!くだらない。
 すぐさま作者に電話をかけて「Are you foolish?(あんた、馬鹿?)」とだけ言って切ってやりたいほどだ。チラ見とすっとぼけの表情が精巧に再現されていて完成度が高い。クリエイティブのエネルギーを最高で最低にくだらないゲームに惜しみなく費やす。その精神にシンパシーを覚え、鳴り止まない心の拍手を送った。そして気付くと私は小一時間、このゲームに熱中していたのである。これは意外にハマる。

 で、このゲームをやってて思ったのは、例えばキャバクラで胸の大きい女の子から、「気が済むまで見ていいからね!」という許可を取得したらどうなのかということ。もちろん男は、「いいの!?ホントに!?」と嬉々として凝視するかもしれない。しかしきっと30秒も経たないうちに「ふうーん、なるほどね」とか言いながらピスタチオをかじって、「もっと濃いの作ってよ」と天井を見上げ水割りを飲み干すことでしょう。どうして?どうしてなの?教授。

 つまらないんです。じっと見るのは実につまらないものなんです。チラ見の醍醐味は、「見てるのバレるかもしれない」というリスクの中にしか存在出来ないからなんです。つまり、「あまり見ちゃいけない」と「でもやっぱり見たい」という二律背反の中でのみそれは精彩を放つのです。はー、なるほどそうなんですか。ところで二律背反って何ですか?それで使い方合ってるんですか?教授。

 さて、ここまでは「男がしでかす愚かな行為」としてのチラ見を書いてきました。しかしなにも、やましいチラ見ばかりではありません。例えば、授業中に見るバスケ部中野君の横顔に対するものだったり、運転中の沿道に咲く満開の桜に対する視線だったり、卵の値段を見比べる主婦の視線でもあり、飼い主に対する犬のチラ見だったりするわけです。

 決して、「チラ見」=「下衆な視線」ではない。今回はこのことを声を大にして言いたい。そしてもうひとつ、最近はチラ見の学問的な研究もされていて、その中で「クイック」(注1)や、「ターン」(注2)、「ランデブー」(注3)などと言った用語も確立され活発な動きも見らるようです。たった今活発になりました。

 私はチラ見をしている人を見るとなんだか嬉しくなります。「あ、いま、チラって見た」と、心の中で呟きます。チラ見してる人をチラ見する私。それはチラ見のスクランブル交差点。複雑な人間模様です。例えば、人間とは思えないような冷徹な人であっても、チラ見しているのを見つけたら少し好きになれる気がします。この人も人間なんだと。だけど彼はこう言われるのです。

 「オヤジ、テメエ、何見てんだよ!」
 むくむくに太った女子高生に、そう言われるのです。
 見つかったらゲームオーバーです。



注1  チラ見の二度見のこと
注2  チラ見の後、逆サイドまで視線を逸らすこと
注3  両サイドからの二人同時チラ見

おまけ 二律背反とは 
     3番目の答えが秀逸です。この答えでやっと意味が分かりました。
     http://oshiete.eibi.co.jp/kotaeru.php3?q=15866&rev=1

言いたかったセリフ


 
 「キミが噂の転校生?」


 このセリフを言うことが出来るのは高校生までです。


 社会人になってからも言えなかったことを悔やみ、仕事の傍らに転校生情報を収集、ゆるぎない情報を入手するや小学校に乗り込んで、用務員室前の壁に寄り掛かって腕を組み、転校生を待ち伏せしているところを縄付きになるような人間がこの世にはびこってはいけない。小中高のみんな。言えるときに言っておくといいと思う。


 かくいう私も拭えない後悔の念を残していて、日々その感情を強く抑えています。感情はエネルギーですから、どこかへ発散させなければなりません。私の場合は、今みなさんが読んでいるような妄想文書をしたためることに費やしているおかげで、身柄拘束されずにいるのです。そういうことです。