ドライビング・マナー


 
 信号待ちで隣に止まった白いマーチのお姉さんがキレイだった。まとめ上げた黒い髪に白いうなじ、ピンクのTシャツが眩しく映える。ハンドルを握ってキリリと前方だけを見据える横顔の佇まいに魅了された。そんなお姉さんが、なんとかエクスプレス(うろ覚え)とかいうスカした名前の運送トラックに煽られていた。つかず離れず車体を左右にゆらゆらさせるその様は、頭にネクタイ巻いた酔いどれサラリーマンのセクシャルハラスメントを連想させた。おい! オレのお姉さんになんてことを! と義憤に駆られたが、どうしてあげることも出来ない。悲しい。


 煽りが嫌いだ。必死でウンコを我慢している状況で背後に立たれるのと同じくらい嫌いだ。大嫌いだ。うっかりブレーキも踏めないような車間距離にストレスメーターはたちまちレッドゾーンを振り切り、こめかみあたりの血管が弾けそうになる。窓から中指を立てて汚い言葉を叫びたくなる衝動を、これまで幾度となく飲み込んできたことか。


 ガラリと話は変わって、路上にはキレイなお姉さんもいるがカッコイイお姉さんも多い。くわえタバコで颯爽と飛ばすお姉さんである。男のくわえタバコよりカッコよく見えてしまうのが不思議だ。くわえタバコの煙で目を細め、左手に携帯電話、さらに右手の内掛けハンドルでばっちり左折をキめたりすると言語道断にカッコイイ。長距離トラックの運ちゃんより断然カッコイイ。いやいや、勘違いしないで欲しいのは、運転しながら吸うなって言ってるんじゃないですからね。ただ、女の子には、そういう種類のカッコよさは必要ないんじゃないかって思うだけです。


 さらに話は変わって、キレイなお姉さん、カッコイイお姉さん。それに加えて変わったお姉さんもいる。信号待ちでバナナを食うお姉さんを対向車線に発見したのだった。いや、正確に言うとオバさんで、うーん、これを言うとネタなんじゃないかと思われそうなのだが、そのオバさん、ガッツ石松に似ていたのである。


 しかしそれは、バナナというアイテムに古来より備えられている『手にした人すべてにガッツ石松的な要素を付与する能力』のせいかもしれない。NO! だからといって安心するのはよくない。要するにバナナを手にした瞬間、私たちはガッツ化するのである。


 試しに、身近な人にバナナを持たせてみたらどうですか。ほら。そんな人の運転でドライブに行きたいですか? 行きたいんですか? バナナ片手に内掛けハンドルなんてもってのほかだし、そもそもバナナを手にした人に運転をさせちゃいけないと思いませんか。運転に説得力がなくなる気がしませんか。


 携帯電話もカーナビの操作もバナナも停止してから。県警からのお願いです。
 

リーチ麻雀


 
 待ち合わせの駅前で、見たくもない天気予報を携帯電話で確認し「なるほど」などと呟くのにももう飽きた。しかし、約束の人物は一向に登場しない。このヒマをどう処理したらよいものかと考えあぐねていたら「リーチ麻雀」の黄色い看板が目に入った。


 常々、疑問であった。
 大抵の場合において麻雀は「リーチ」を宣言するゲームであり、逆に言えば「リーチ」のない麻雀を私は知らない。にも関わらずわざわざ、「麻雀」に「リーチ」という単語を冠する必要性はどこにあるのだろう。


 なぜ、「リーチ」なのか。なぜ、「リーチ」だけにスポットを当てるのか、抜擢されるのか、フィーチャリングするのか、チヤホヤされるのか、赤丸急上昇なのか。どうして「カン」じゃいけないのか。試しに「カン麻雀」と呟いてみた。よく分からない。分からないけどダメっぽい。それならばと「チー麻雀」と呟いてみる。中華の調味料だ。たぶん甘辛い味噌。まさかと思いつつ「チーマージャン」で検索してみると実在した。でも味噌じゃなかった。となると残ったのはあれだけだ。「ポン麻雀」。頭が悪そうである。誰一人として得点計算が出来ない。誰が親なのか誰も把握してない、ただただ牌をガチャガチャかき回してるだけの雀荘。そんなイメージ。


 「ポン」という響きが持つ頭の悪そうなエネルギー。
 この破壊力はちょっと凄いかもしれない。いや、ちょっとどころではないかもしれない。試しにIQの高そうなものと絡めて呟いてみる。


 「中田ポン英寿」
 ボールを誰に回したらいいのか判断できなくて「どうする?」って敵に聞くし、何度言ってもボールを手で触ろうとする、とても司令塔とは呼べない。


 さらに、多機能OSと絡めて呟いてみよう。
 「ウインドウズ ポン」
 エクセルの処理がイライラするほど遅いのに、エロサイトのページ読み込みは素早い。ブラインドタッチのスピードに表示が追いついてない。フリーズしたフリをする。


 次は、ハイテクなもので呟いてみる。
 「ポンIP電話」
 声が遅れて届くし、ハイテクの意味をはき違えているらしく勝手にロボット風の音声に変換する。


 どんどん呟く。
 「ipodポン」
 直前の曲を忘れてしまって同じ曲ばかり再生するので、全然シャッフルプレイじゃない。


 もひとつ呟く。
 「ポン東京大学」
 偏差値30、地元ではバカ田大学と呼ばれていて、教授全員、鼻毛が出ている。


 日本における大学の最高峰である東大でさえこの有り様。
 「ポン」恐るべしである。そしてこのことは大発見であると言って良い。


 しかしながら、遅れてきた約束の相手に大発見を得意げに語ったところ、「ポン発見」と一蹴されてしまった。頭に来たので「ポン野郎」となじると、「ポンて言った方がポンなんだぜ」と程度の低い泥仕合を演じる羽目に。店員が「あそこのお客ポン」と囁いているような気がした。酔いが醒めた。


 

業務連絡012 アタシかかし


 
Subject:[業務連絡] アタシかかし
To:安達専務
Fm:まとはずれ


専務。
強烈な便意に襲われているので、
手短にご報告いたします。


近所の田んぼに案山子が設置されました。


 
anesan1
稲穂が頭を垂れるこの時期になると、
決まった案山子が登場するそうです。


会社のKさんの話によれば、
この界隈では有名な案山子で、
「アネさん」と呼ばれているとのこと。




 
anesan2


ちょっと。
どこから指摘してよいのか分かりませんが、
アネさん、いろいろと面倒なことになっています。




 
anesan3


右手の、うーん、
これは中指なのでしょうか。
「足、拾えや」
と言っているように見えます。


この有り様をみたKさん、
「今年のアネさんは特にひどい」
と言ってました。


昼間でも薄気味悪いんですから、
夜道で遭遇したら相当怖いはずです。


カラスも人も寄せつけないアネさん。
でも頑張ってアネさん。









 
anesan4


以上です。


☆☆☆☆☆
まとはずれ
☆☆☆☆☆


▼▼▼
Subject:Re:[業務連絡] アタシかかし
To:まとはずれ
Fm:安達


ひいっ!


安達

寝耳に風呂水


 
頭ごとざぶんと湯船に浸かったら、耳に侵入した水が出てこなくなった。いくら頭をぶんぶん振っても出てこない。片足ぴょんぴょんをしても出て来やしないし、ティッシュこよりのこちょこちょで吸い取ろうとしても出てこない。ぶんぶんぴょんぴょんこちょこちょと何度も何度もローテーションしたけど全くもって水は出てこない。ごわああぁん。これがプールとか海で入った水なら「だいじょうぶ? ちょっと見せて」なんて膝枕とかの想像も膨らむけど風呂水じゃダメだ。情緒ってものがない。浮かんでくるのは風呂水ワンダーだけだ。ごわわあぁん。素材サイトからダウンロードした掃除機の音源ファイルをipodに投入して大音量で聞いてみたりもしたけど耳の中の水は一向に出てこない。いったいどうやったら出てくんだよ! 振りすぎた頭が痛くて痛くて猛烈に頭に来たので「マンモグラフィーッ!」と声を殺して叫んで寝た。夜中のトイレに立ったら耳の中の水がなくなっていることに気が付いた。結局は寝るのが一番なのか。あ! と思い立ち、googleでマンモグラフィーの意味を調べてから眠りの続きをしようと思った。ごわわあんあん。
 

七三日記(0903)


 
■なんだか分からない講習会を受講するために東京へ。いろんな人とほぼ毎日飲んだ。むしろこちらがメインで臨んだ5日間。すごく楽しかった。ギリギリ夏の思い出に滑り込ませることができたような気がする。ただし、多少の問題点はあった。
■ある友人とメールで事前連絡を取った際、「美味しいお店知ってる?」と聞かれた。しかし、東京を離れた私には和民と白木屋の記憶しか残っていないのだった。googleで「美味しいお店」と入力したら200万件ヒットした。うーん。お店決定の主導権はぜひあちら側に握らせたい。どうしたものかと案を練っているうちに、試しにむずがゆいセリフでも言ってみるかと思い立って、「美味しい店? ○○ちゃんと一緒なら、なんだって美味しいよ」と返信してみた。送った後で、取り返しの付かないことをしてしまったような気がして恐ろしくなった。ほぼ丸一日後に返事が届いた。
■「んじゃ、なにが食べたい?」
■なるほど、無視か。向こうサイドがかさぶたにしたがっている傷を剥がしてなんになる。無難な返信をしようとしたが待てよ、これは試されている。「食べたいのは君だよ」というボケのためのネタ振りかもしれない。むむう、としばらく悩んだが加齢臭の漂いそうな高リスクの返信を思うと親指の震えが止まらなかったので、「じゃ、和風で」と返信しておいた。
■新宿のなんとかという店で、うまいのかどうか分からないクーポンのサービスワインを傾けながら、やわらかすぎる豆腐をつまんだりした。飲んでる途中でふと思い出し、「○○ちゃんと一緒なら、なんだって美味しいよって送ったのに・・・なっんのリアクションもねえのな!」と文句を言ったら、なぜか呼吸困難になるくらい笑い転げていた。


■別の友人とは当日に連絡を取った。「うまい店をよろしく」「場所はどこがいいの?」「いい店ならどこでも」というやりとり最後に、しばらく返信が途絶えた。いい店を探してくれているのだろう。私とは言えば、いい機会なので小難しい本を読むために喫茶店にこもっていた。にしても返信が遅すぎる。途絶えてから2時間。本にもとっくに飽きていた。催促のメールを送っても応答がない。・・・まさかコイツ!
■いそいで電話をかけようとしたら返信が届いた。「ごめん!渋谷で!」。十中八九寝ていたに違いない。本気で腹が立ったのでもう帰ってしまおうとさえ思ったのだが、顔をひくひくさせて待っていると「きゃー、ごめん!」などとのたまいながら近づいてきた。「まさか、寝てたんじゃねえだろうな!!??」と肘を小突くと、「なんかーお化粧してたら記憶を失っちゃったの」と言った。「それを寝るって言うんだよ!」


■雑。扱われ方がなんか雑な気がする。今回の2件でそう感じて、哀しい気分になった。哀しい川を翔けたくなった。