メロンソーダ


 窓際の席、後ろ姿が見えた。
 呼び出された理由がなんとなく分かっているから、足取りが重い。無言で向かいの席に腰掛けると、ストローで氷をつつく手を止め目を上げた。僕は、彼女の、この上目遣いがすごく好きだ。

「ひさしぶり」

 そう声をかけると再び目を落とし、氷をもてあそびはじめる。深夜の国道を、気が触れたようなスピードで走り去るトラック。沈黙。時間の感覚が麻痺するほどに僕の胃はキリキリと痛んでいて、ああ、もう、この空気、我慢できない。

「あのさ、ハナシっ……」
「ご注文の方お決まりでしょうかー?」

 唐突に店員が現れた。
 僕は手元のメニューを開き、最初に目に入った文字列を口にする。

「あの、コーヒーで」
「お砂糖はおつけいたしますか?」
「はい」
「ミルクはおつけいたしますか?」
「いや」
「ホットとアイスがございますが」
「え、じゃあ、アイスで」
「では、お砂糖ではなくガムシロップをお持ちしますがよろしいですか?」
「えーと、はい」
「ご注文繰り返します、アイスコーヒーおひとつ、でよろしいですか?」
「はい」
「ガムシロップありの、ミルクなしで」
「ええ」
「ではごゆっくりどうぞー」

 誰も渡ることのない横断歩道の青が、急げ急げと点滅している。
 店員によって作られた二度目の沈黙。それを破ったのは彼女の方だった。
  
「そういうところが好きじゃないの」
「え? なにが?」
「今の注文、効率悪すぎ」
「いや、今のは店員のせいだし」
「鈍臭いって言ってんの」
「だから今のは」
「あんたが鈍臭さを呼んでんのよ」
「僕が?」
「そうよ」
「あ、いや、だとしても、それがなんなんだよ」
「別れたいのよ」
「……」

 やっぱり。
 たぶんたぶんと思ってたけど、やっぱり。

「そうか」
「そうなの」
「……じゃあ僕もひとつ言わせてもらっていいかな」
「なによ」
「これって、別れ話でしょ?」
「そうよ」
「じゃ、メロンソーダはないよ」
「は?」
「なんなの? その色」
「別にいいじゃない」
「なんか、沼みたいだし」
「意味分かんない」
「色合いが沼だって言ってんの」
「意味は通じてるわよ!」
「こういうときって、男・コーヒー、女・紅茶でしょ?」
「ドラマの見過ぎよ」
「目がチカチカするよ!」
「知らないわよ!」

 僕たちは、本当にこれで終わってしまうのだろうか。
 嫌だ、嫌だ嫌だ。僕は、彼女が大好きなんだ!

 三度目の沈黙を破ったのは、店員だった。

「サイコロステーキお待たせしましたー」
「いや、頼んでないですけど」
「あ、大変失礼いたしましたー」

 ホラね、と言わんばかりの彼女の視線が突き刺さる。知らない振りをしてふと横を見ると、3つの皿を抱えた別の店員が厨房の方からこちらに向かってくる。

「カツオのたたきサラダお待たせいたしましたー」
「あの、頼んでませんけど」
「失礼いたしました、カツオのたたきご膳のほうですね」
「いやいや、それも頼んでないです」
「カツオのたたき単品お待たせいたしましたー」
「消去法!」
「はい?」
「残ったやつが正解って訳じゃないからね」
「誠に申し訳ありません、大変失礼いたしましたー」

「ちょっと待って!」
「はい、なんでしょう?」
「アイスコーヒー頼んだんですけど」
「あちら、ドリンクバーとなっておりますので」
「え?」
「セルフサービスでお願いします」
「えー!」
「ねねね、ついでにメロンソーダ汲んできて」
「うん!」





メロンソーダ



 

強盗


※気まぐれに過去ログを上に持って来てみました。 

 とある小さな郵便局。
 局内には、キーボードの音だけがカタカタと響いている。
 待合コーナーには老人の男女2人が黙って座っているのみ。
 客かどうかは分からない。単なる暇つぶしかもしれない。
 田舎によくある、のどかな午後である。

 そこへ、サングラスにマスクをした男が音もなく現れる。
 よく分からない球団のキャップをかぶりなおしつつ、窓口に立つ。

三本木 いらっしゃませぇ

 と、女子局員の三本木のり子、微笑む。
 微笑みを保持したまま待つが、男は何も言わない。
 痺れを切らした三本木、切り出す。

三本木 本日はどういったご…

 男、ジャンパーのポケットからすばやく拳銃を取り出す。

三本木 きゃあああ!
   騒ぐんじゃねえ!
三本木 きゃああああああ!
   騒ぐんじゃねえ!

 局長の大沼、奥からやってくる。

大沼  どうしたんだ三本木くん!
三本木 きゃああああああ!
大沼  どうしたと言うんだね、三本木くん!
三本木 きゃ、きゃ、きゃあああああああああ!
大沼  ど、ど、どうしたんだあああああああ!
三本木 きゃ、きゅ、局長ぉおおおおおおおお!
大沼  いち、に、三本木くぅううううううん!
   さ、わ、ぐんじゃねえ!!!!!!!!

 男、拳銃の尻でカウンターをドン! と叩く
 ピタリと静まり返る局内。
 銃口は三本木の眉間に向けられている。

   金を出せ
三本木 きゃあああ!
   黙れ馬鹿野郎!

 大沼、振り返らずに奥に向かって声をかける。

大沼  小野寺くん、金庫、金庫を開けてくれるか
小野寺 ハ、ハイ!
大沼  しばらく、しばらくお待ちください
   さっさとしろ!
大沼  小野寺くん、急いで
小野寺 ハ、ハイ!
大沼  早急に用意させますのでっ!



 ジリリリリリリリリリリリリリリ!
 突如、けたたましくベルが鳴り響く。

   やりやがったなこの野郎!
大沼  もう逃げられないぞ!
三本木 局長!

 大沼、不敵な笑みで背広を脱ぎ、一振りしてまた羽織る。

三本木 なんの意味もないわ!
   ふざけた真似しやがって

 男、待ち合いコーナーの老女を捕まえ、銃口を向ける。

大沼  タヅさんが!
   ぶっ殺す
三本木 きゃああああ!
   いちいちうるせえんだよ、このアマ!
大沼  お年寄りになんてことを!
   なんなら隣の爺さんも仲良くあの世にどうだ?
三本木 違うわ!
大沼  その人は地井さんだ
三本木 地井っていう名字なの
大沼  爺さんじゃないんだよ
地井  あ、はい、地井ですだ
   んなこと聞いてねえ!

 パトカーのサイレンが遠くから聞こえる

   おまえら全員、壁際に並べ!

 暗転

 大沼、三本木、小野寺、地井、両手を上げたまま壁際に立っている。

   こうなった以上、全員に死んでもらう
大沼  そんな……
三本木 やだ、やだやだ

 銃口を突きつけられたままのタヅ、ぶるぶると震えだす

タヅ  う、う、ううう…
   ははは、婆さん、死ぬのが怖いか
タヅ  孫に、最後にひと目、孫に会いたいのう
   悪いがそうは行かねえな
大沼  わ、私には妻と娘と息子がいる、会わせてくれ!
   ダメだ
三本木 ワタシ、来月、結婚するんです
   諦めるんだな
地井  畑のキュウリさ水をくれたい!
   空気読もうぜ、爺さんよ
小野寺 う、う、あう
   なんだ若いの
小野寺 あの、パ…の、消し…
   テメエ、はっきりしやがれ!

 男、大声で怒鳴りつける。
 すると小野寺、シャンと姿勢を正し、キリリとした顔つきになり、
 一気にまくしたてる。

小野寺 じ、自分がもしいま死んだとして葬式とかが終わったあと、パソコンのハードディスクに入っている滅相もない画像やけしからん動画を父や母や姉や妹や弟が発見したとしたら、見つけたとしたら、ああ、目にしたとしたら……う、ううう、ううううう

 大沼以下全員、呆気にとられた表情で小野寺を見つめている
 黙ったままじっと小野寺を見つめる男

   ……行け
全員  え!?

 全員、素っ頓狂な声をあげる。

   早く行け
小野寺 あ、ああ、ええと
   オレの気が変わらねえうちに行け!
小野寺 ハ、ハイ!

 小野寺が出口に向かって走り出したその瞬間。

   ちょっと待て!

 銃口を向ける男。
 小野寺、反射的に両手を挙げる。
 全員が息を殺し見守る。
 小野寺、恐怖で口をパクパクさせる。

 男、少し下げたサングラスの隙間から小野寺を見る

   ブラウザのお気に入り、消すの忘れんなよ
小野寺 ……ハ、ハイ!!!

 「ウィィ」自動ドアが開く音とともに、
 パトカーのサイレンが局内にどっと流れ込んできて、
 ドアが閉まると同時に、ふたたび静寂が局内を支配し始める。



地井  は、畑のキュウリさ水くれたいんだが……



 暗転

 終幕

宇宙飛行士の悩み


 
 アポロ13号の生還ストーリーをテレビで見た。
 酸素、電力、水を生成する酸素タンクの爆発により、乗員救出を優先すべく月面着陸を断念。乗員3人は独立した動力をもつ月面着陸船に乗り換えた。しかし、地球到着までに必要な酸素は積んでいない。やむなく生命維持の可能な最低限レベルまで動力を落とし、地上管制官の指令に従い、奇跡の生還を果たした。ざっくりと説明すればこんな感じである。

 逃げ場のない宇宙空間のトラブルにあって、冷静かつ的確な判断を下す宇宙飛行士の、その精神力は感服に値する。もし私だったら、宇宙空間に放り出されただけで発狂してしまうのではないか。丸一日と置かず「インターネットしたいよー」「動ナビの更新をチェックしたいよー」などと駄々をこねるのではないか。などと考えて、ふと疑問に思う。宇宙飛行士の性欲である。いや、笑いごとではない。実際、「宇宙飛行士 性欲」というキーワードを検索にかけると数万件ヒットする。そして実際の宇宙現場では、流血騒動を含む多種多様なトラブルが発生している事実を知ることが出来る。訓練された宇宙飛行士であっても性欲をコントロールするのは非常に困難なのだ。それは、シチュエーションは違えども、かの南極観測隊が「南極二号」と呼ばれるダッチワイフを装備に加えたという公知の事実からも推測できる。

***

 以下は、アポロ13号と同様のトラブルに遭遇した、スポロン13号船内の会話を書き起こしたものである。

・ポール(船長)
・フレッド(着陸船パイロット)
・ティム(司令船パイロット)

フレッド「船長、我々は、助かるのでしょうかう?」
ポール 「管制塔の指示を信じるしかないだろう」
フレッド「それは、そうですが」
ポール 「酸素が足りないんだ。無駄口を叩くな」
フレッド「うう、ジェニファ」
ポール 「ガールフレンドか」
フレッド「もう一度、抱きしめたいです」
ポール 「地球に帰ったら抱きしめるがいいさ、何度でもな」
フレッド「今じゃダメですか? 今すぐ抱きしめちゃダメですか??」
ポール 「気持ちは分かる。だけどいいか? ここは宇宙だ、落ち着け」

フレッド「実はいるんです、ここに、ホラ」
ポール 「フレッド、お前それ、なんだ!?」
フレッド「ジェニファです」
ティム 「OH! ダッチワイフじゃん」
ポール 「どこに隠してたオマエ!」
フレッド「愛してるんです」
ポール 「そういうことじゃなくて」
ティム 「すでに膨らませてあるしー」
フレッド「抱いて、いいですか?」
ポール 「情事のあいだ、どうしてりゃいいわけ? オレたち」
フレッド「目、閉じてて下さい」
ポール 「あ、そうかー、ってダメだ! 興奮すると酸素がなくなる」
フレッド「どうせ助からないんでしょう?」
ポール 「そんなことな・・・うっ」
ティム 「船長! どうしたんですか?」
ポール 「案の定、酸素が、足りなくなって、きてる・・・らしい」
ティム 「しっかりしてください! 船長!!!」

フレッド「あああ、もう、ちくしょう見てらんねえ!!!」
ティム 「どうしたんだフレッド?」
フレッド「礼を言うなら彼女に言うんだぞ」
ティム 「ああ! ジェニファの乳首にハサミが!」
ポール 「フレッド、・・・・・・お、オマエ」
フレッド「早く吸うんだ!」
ティム 「そうか! コイツには新鮮な酸素が詰まってるんだ」
フレッド「コイツじゃねえ、ジェニファと呼べ!」
ティム 「ご、ごめんなさいジェニファ」
ポール 「す、すまんな、フレッド」
フレッド「切り取った乳首部分から吸え。いいか? 変な気、起こすなよ」
ポール 「分かってる」
ティム 「お、おお、船長の顔色が良くなっていく! あ、そして・・・・・・」

フレッド「チンコ立ててんじゃねえよ、テメエ!!!」
ポール 「す、すまん、つい」
ティム 「(爆笑)」
フレッド「あーもーやってらんねえ」
ポール 「まあまあフレッド、興奮するんじゃない、パフパフ!」
ティム 「カメセンニン!(お腹を抱えて爆笑)」
フレッド「ポール! テメエが一番興奮してんじゃねえか!」
ティム 「(笑いすぎて呼吸できてない)」
フレッド「野郎、興に乗りやがって、ジェニファから離れろ!」
ポール 「もうちょっとだけいいじゃんか」
フレッド「ティム、オマエも笑ってないでなんとかしろ!」
ティム 「ティムじゃないデス、”ティム・ヨンジャ”デス」
フレッド「ぜんぜん関係ねえこと言うんじゃねえ!」
ティム 「(呼吸困難になりながら引き続き爆笑)」
フレッド「あーもーオレたち絶対地球ムリじゃん(絶望に白目をむいて)」
ポール 「パフパフ(気持ちの良さに白目をむいて)」
ティム 「(笑いすぎの酸素不足で白目をむいて)」

管制塔 「スポロン13号、応答願います、スポロン13号、応答願います」

ポール・フレッド・ティム 「(白目)」

***

 はー、なんていうか、極端に疲れてると思考回路が著しく低年齢化して困ります。