赤ちゃんが乗っています


 「赤ちゃんが乗っています」誰でも一度くらいは、このステッカーが貼られた車を見かけたことがあるはずだ。必ずと言っていいほど「だから何なの?」とキレ気味でコメントされる例のアレ。しかし今回はそういう手垢にまみれた議論はしない。


 「赤ちゃんが乗っているのでスピードは出しません。なのでお先にどうぞ」


 これが私の解釈である。おかげで私はノロノロ走行でも腹を立てることなく、むしろウインクをして「気をつけるのだよ」とテレパシーを送るなど、思いやりのある対応を可能としている。しかし先日私は出会った。車間距離を狭め、煽り、けたたましいスピードで追い越していった軽自動車に。寝た子も起こす運転である。そして後部ガラスには例のステッカー。


 腹が立った。そして何よりも危険この上ない。「ニイちゃん!なにしとん?早よ追いかけな!あのアマいっぺん殴らんと分からへんで!!」生き背後霊の(やしき)たかじんが激怒するのも無理はない。しかし勤務中なので事を荒立てるのは得策ではない。まあまあまあ。と私はたかじんにウィスキーのミニボトルを渡す。これでしばらくはおとなしいはずだ。そして考える。


 私の解釈は間違っていたのだ。あれには言葉以上の意味はない。ただ単に「赤ちゃんが乗っている車」という宣言をしているだけにすぎないのだ。要するに宣言したもん勝ち。なんだってアリなのだ。そっちがそう来るなら、こっちだって宣言をしない手はない。


 「夕飯の食材を積んでいます」


 「この車はエンジンを積んでいます」


 「肉と魚なら、魚が好きです」


 「大トロは脂身が多くて嫌いです」


 「CDはコンパクトディスクの略です」


 「カルピスを原液で飲んだことがあります」


 「右手が震えます」


 「赤ちゃんは成長しています」


 「リモコンの電池が切れかかっています」


 「録画予約を忘れました」


 「先週の月曜日、あれほど言ったはずです」


 「ハンドルが取れかかっているようです」


 「なんとかなります」


 「お掛けになった電話番号は現在使われておりません」


 「アン・ルイス」


 とここまで考えたところで、酔って寝ていたたかじんが目を覚ました。「なあニイちゃん。」私は黙って運転を続ける。「ニイちゃんて!」寝起きのたかじんはすこぶる機嫌が悪いようだ。そして、後部のガラスを指差して言った。「アン・ルイスってなんや?」



※宣言内容は予告なく、変更・追加の可能性があります。
 また、コメント欄で宣言するのは自由にやってください。

赤ちゃんが乗っています” への3件のコメント

  1. スエズ運河よりパナマ運河のほうが好きです

  2. こんにちは!
    あのステッカーは、子供を大切に考えてゆっくり運転したい親と、乱暴運転の免罪符に使用するヤンキーDQNねーちゃんの二択ですな(パチ屋の駐車場で子供の車内放置率激高)。
    軽自動車の窓にスモークかカーテンがついていたら後者確定です(爆)。

    じゃあ、お言葉に甘えて宣言を・・・・
    「もうすぐ自爆します」

  3. >襟井hideさん
     本気で「それがなに??」って思いました。
     まんまとやられた(笑)


    >ほりまささん
     絶対に後ろ走りたくねー(怖)
     たしかに髪の脱色率高いすね。あのステッカー車は。

コメントは受け付けていません。