クルクルドライブ


 
 カーラジオから、篠原ともえの「クルクルミラクル」が流れてきた。
 当時、篠原ともえのことがウザくても、この曲を好きだったのは電気グルーヴの石野卓球がプロデュースしていたからだ。


 運転中だから気にすることなどないと思いつつも、辺りをうかがいながら恐る恐る口ずさむ。


 ♪ミラクル クルクルクル イェーイ


 私にとって石野卓球の歌モノは、DNAをくすぐるというか、琴線を刺激するメロディーで、自然とテンションがあがってしまう。気がつくと私は信号待ちで高らかに歌い上げていた。


 ♪むずがゆいコト言わないで もてなしますよ くつろいでね WOW!
  目立ってなくちゃ つまらないよ 合い言葉は 
  ミラクル クルクルクルクルクルクルクル イェ~~イ!♪


 「イェ~~イ!」で口を開けっぴろげの最中に、右折レーンの運転手と目が合ってしまった。脳みそにサロンパスをぺたりと貼ったようなヒヤリ感が、首筋と背筋を光の速度で駆け抜ける。


 なんとも言いようのない表情をしていた。
 同情、嫌悪、当惑が5:3:2で配合されたような、言葉ではうまく表現し得ない、かつて見たことのない込み入った表情。


 だけど、車中で歌うなんてことは誰もがすることで、そんな視線に傷つけられる理由なんてない。・・・と思ってハッとする。もし、同じラジオ局にチューニングを合わせていたとしたら。同じ曲を聞いていたとしたら。それならば、すべてに合点がゆく。


 「イェ~~イ!」じゃねえよ。
 彼女は、そう思ったはずだ。
 もし私が逆の立場だったとしたら間違いなくそう思う。


 嗚呼、瞳のぱっちりとしたカワイコちゃんだったのに。
 きっと彼女の中で私は、「クルクルの男」ということになっているだろう。そして彼女は友人や彼氏にこの出来事を話すだろう。その時には、「クル男」や「例のクルクルが」などとアレンジされて呼ばれるかもしれない。


 皆さんに言われる前に先手を打って言ってしまうけど、「また会うことなんて絶対ないから」という言葉は慰めにもなんにもならない。だって、この世には「絶対」なんてないからだ。


 例えば、ボンネットから煙を出してエンストしている車を見つけ、善意の気持ちで「お困りですかぁ~?」と声を掛けると、なんとあのカワイコちゃんで、向こうも向こうで「あー!」と指を差したきり腕を組んで黙りこくってしまって、私が修理をするあいだ鋭利な三白眼で睨みを利かせ、時折、急かすように、かかとでタイヤに蹴りを入れたりし、そして、直してもらって当然とでも言うように礼も言わず、あまつさえ、去り際に黒々とした排気ガスを浴びせられたりする可能性だって、ないとは言えない。


 要するに、白昼堂々大人の男が車中で「クルクル!」云々と絶叫するということは、一度や二度のピンチを救ったところでチャラには出来ないような、双方にとって傷の深い行為なのだ。そして私は、現に、そいういう類のことをしでかしてしまったのだ。


 懐かしさに、つい口ずさんでしまう気持ちは分かる。
 でも、一旦、心のブレーキを踏み、冷静になって、歌唱の可否を判断する必要がある。軽はずみな歌唱によって損をするのは、あなた自身なのですから。
 

被疑者M


 
 妹が子供3人を引き連れ、一時的に実家へ戻ってきた。
 どうやら旦那と喧嘩したらしい。私はなにひとつ理由を聞くこともしないで、まるで、ずっと前からそういう生活を送ってきたかのように振る舞った。


 なんてやさしい兄なのか。
 妹も、その笑顔の下で、感涙にむせび泣いているに違いない。


 食事を終え風呂に入ろうすると、「ね、ね、お兄ちゃんとお風呂入る??」と妹が子供2人に聞いている。私にとっては、5才の甥と3才の姪だ。


 正直私は、「めんどくせえ」と思っていたのだが、姪が「はいろー」とちょこちょこ足にしがみついてきたので入ることにした。


 風呂上がり、体を拭ってもらいながら甥が言った。
 「まとはずれのおちんちんねー、でっかいんだよー」
 甥のセリフに食い気味で姪が続ける。
 「でっかくなったんだよー」


 変質者を発見したかのような妹の横目。
 待て待て待て。違う、違う、何もかもが違うでしょ!?


 入浴のあいだじゅう私は平常心だったし、おちんちんの状態も平常だった。それに、そういうロリータな趣味は持ち合わせていない。


 ついでに言うと、平常時からでっかいわけではなく、甥が自分のものと比較して「でっかい」と評しただけで、そしてそれに追随しようとした姪が、「でっかくなった」と”過去形”の意味も知らずに発言した。たったそれだけのことだ。


 妹よ、上手に言葉を操ることができない子供の発言と、血のつながった兄妹として十数年ひとつ屋根の下に暮らしてきた兄と、いったいどっちを信用するというのか。


 潔白の情報をふんだんに盛り込んだ視線を送ったものの、妹の目が笑うことはついになかった。


 そうかよ、そういうことかよ、親になるってそういうことかよ。なんだよ、行け行け、はやく出てゆけ!

携帯用メッセージ壁紙No.002


また、感動する壁紙を見つけました。


あじ(1)

一緒に試験勉強をしたり、
手足にアザをつくりながら、
コートのボールを追いかけたり、

そんな部活を一緒にサボったり、
学校からの帰り道、
土のついた大量の雑草を、
他人の庭先に投げ込んだり。

さまざまな思い出も含め、
出てきた言葉なのでしょう、きっと。
友達は大事したいものです。

今回も、
インスパイヤーされてしまったので、
ひとつ作ってみました。


あじ(2)

こんなことばっかりやってる場合じゃないです。
誰か、ボクと友達になってください。お願いです。
一緒に雑草、投げ込んだりしましょう。

携帯用メッセージ壁紙No.001


携帯電話の待受け画面で、
こんなものがあるのを知ってる?

素敵な写真に、
熱い想いや、
勇気が沸いてくるような
メッセージをのせた待受画面なんだけど。


ずっと(1)

ボクはこれを見て、
すごく感動しました。
そして、勇気づけられました。

だからボクもそのお返しに、
世界の誰かに勇気や感動を
あげられたらいいなあって。

で、考えてみたんだけど、
けっこう難しいんだよね。
だから真似っこって言うか、
かっこいい言葉で言えば、
インスパイヤーって言うのかな。
そういう感じで作ってみたんだ。


ずっと(2)

どうかな?
テヘへ、なんか恥ずかしいや。
 

あと、こんなのもあるんだ。


君が好き(1)

これは、元々のやつね。


君が好き(2)

そしてこれが、
インスパイヤーされて作ったやつ。
わあ・・・やっぱり照れちゃうナ。


でも、ほんの少しでも勇気や感動してくれる人が
いると思うと、ボクがんばれるかもしれない。
よかったら壁紙にしてみてね。
 

今回はあんまり上手に、
出来なかったけど、
また作るから、作るからね。