筆記類よ、集え


 部屋を掃除していたら、シャーペン・ボールペンの類がわんさと出てきた。無口で気立てのよい木こりの周りに森の動物たちが自然と集まってくるように、俺の周りには世の筆記類たちが自然と集まっていたのである。なぜなら俺にはそういう能力が備わって、いらないわそんな能力! しかしなんと言っても特筆すべきは6本の3色ボールペンが見つかったことだろう。どれだけ色を使い分けたかったのか知らないが、色を多用するメモはインターネット初期のホームページの配色に比肩するほど見づらく、情報のランキングを見失い、後々頭を抱えることになる。だいたいにおいて俺はボールペンが苦手でいつもはSARASAというジェルペンを使っている、ということはおそらく出先で都度都度、必要に差し迫られて購入したのだろう。よし決めた。2010年はノー・ボールペン! 頭の悪いキャッチフレーズだがそれでもいい。俺は、もう、決めたんだよ。

目に青し、冬晴れの空


 車の中を掃除していたら助手席の下に午後の紅茶が転がっていた。うわうわうわ、いつのだよ。触れた瞬間、破裂しそうなほどパンパンに膨らんでいて危険。俺は爆発物処理班のように、小動物丸呑み後の蛇みたいなペットボトルを息潜め慎重にピックアップ、「離れろぉ!!」大声をあげながら地面に叩き付けると、ポン!! 破裂音とともにキャップの弾丸がこっちにすっ飛んできた。あああっ、俺があぶな!かったけれども、熊川哲也のようなステップでひらりとよけたので大丈夫。ほら、悲しくなるくらい冬晴れの空が青いよ。

忘ネエ会


 先日、会社の忘年会でどれどれに酔いどれ、オネエキャラに。「めちゃめちゃ面白かった」とは先輩の談だけれども、ほぼ記憶にない。ほぼ記憶にないオネエ新聞。(以下、ほぼオネ)。手帳を出そうかしら、オネエ言葉の格言を添えて。「泣かぬならアタシが鳴くわ ねえ抱いて」。「書を捨てるのよ! 町(お店)へ来てぇ〜」。(以下、ほぼオネ手帳)。そして、そんなオネエキャラから一転、空っぽの焼酎ビンを片手にぶら下げ仁王立ち、または片膝立ててヘビ睨みするキャラも演じていたそうで支離滅裂。酔ってないときは嫌われたくなくてフツーの発言しかしないつまらない人間というものは、こういうときに爆発するんです。するもんなんです。その時の勢いを借りて、普段からそういうキャラを演じて生きやい領域をつくればいいのに翌日、リセットしてしまうんですよ。なかったことにしちゃうの、アタシのような人間は。アタシって、そういう人間なのよォ。抱いて!

 そんなわけでクラッシュログ閉店セール開催中です。セール中は週一回ペースでゆるくゆるく更新するつもりなのでよろしくお願いします。


日曜日あるある


 ちびまる子ちゃんエンディングテーマの音量の大きさに仰天、脊髄反射のリモコン探しを日曜ごとに繰り返すたび、「ちょいとアンタ、サザエさん症候群に肩まで浸かってボサーっとしてんじゃないよ」。まる子に嫌味ゼリフを言われているようでハッとする。そうだよな、こんなんじゃダメだよな。よし! 気を引き締めてまた明日から頑張らなきゃ! と、そんなふうに思ったりは、しない。なんでエンディングだけ音デカいんだよ毎週毎週ビビらせやがってこの野郎! と思う。毎週思う。毎週思わせられている。なのにgoogleで「ちびまる子ちゃん エンディングテーマ 音量」とやってもそれっぽい検索結果が出て来ないのはどうして? オレんちだけ? うそ、オレんちだけなの?? これってあるあるネタじゃないの??? えー、「日曜日あるある」ってタイトルにしちゃったんだけどなあ。はい、というわけでこの記事を読んで「あるあるー!」って思った人は、その旨を自分のブログでアップするように。みんなで「ちびまる子ちゃんのエンディングテーマは音量がデカい」ってことをgoogleに刻んでやろうじゃないか。なんだよ忘れたのか? どうでもいい記憶を残すのが僕らの使命、だったはずだろ?

停電


 結局、原因は分からずじまいだったけど、こないだ会社で停電があった。蛍光灯、PC、コピー機、工場の機械、すべてが一瞬にして、落ちた。そのときオレはウンコをしていた。ぎょっとして引っ込んだ。窓なしトイレの漆黒にまみれて暗中模索、手探りで拭く。おそらく完全ではなかったがやむを得ない。いや、だけどどういう確率なのかと思うよ。ウンコ中に停電て。宝くじでも買うか。それとも運の尽きか。保存してないファイルがあったらしく「データ、データ!」と同僚が叫んでいたけれど、オレだって暗くて不安ななか「出ーた、出ーた!」よ。座布団7枚的なこと言ってお茶を濁そうかと思ったけど、よく考えたら、普段から手探りなんだね。拭くのって。だからみんな、停電でも安心して拭いてね。